心と体を楽にしてピアノを弾くピアノレッスン受付中❗

2月13日は、ピアノ経験者なら懐かしいブルクミュラーの命日

この記事は約4分で読めます。

2月13日は、ピアノを習った経験のある人なら懐かしいであろうブルクミュラーの命日です。

ピアノを習ったことがある人なら、ブルクミュラーの作品を1曲は弾いたかもしれませんね。

友達が弾いているのを聴いてあこがれて、耳コピした経験がある人も少なくなさそう。

今日はそんな作曲家ブルクミュラーさんのことをちょっと思い出したり、ブルクミュラーさんの曲を弾いてみたりしませんか?

2月13日はブルクミュラーの命日

2月13日は、ピアノ愛好家なら誰でも知っているでしょう、作曲家ブルクミュラーの命日です。(1806年12月4日生まれ - 1874年2月13日没)

ヨハン・ブルクミュラーは、ドイツの作曲家でピアニスト。しかし、1832年以降は活動の場をパリに移していたそうです。ピアノをやった事がある人達に一番おなじみなのは「25の練習曲集」でしょう。(他に「18の練習曲集」「12の練習曲集」もあります。)

この曲集の中では、

  • アラベスク
  • スティリアの女
  • バラード
  • 貴婦人の乗馬

などの曲が人気が高いようです。あなたはどれがお好き?

ちなみに私は幼少の頃から「バラード」が大好きでしたよ。あのミステリアスな感じがなんとも言えません。

ブルクミュラー「25の練習曲」とは

昔々、私が子どもだった頃は、「バイエル」や「メトードローズ」と言った導入教本を終えるとブルクミュラーの「25の練習曲」に入った人が多かったように思います。

現在のように多種多様なピアノ導入教本はありませんでした。ですからピアノの導入は「バイエル」か「メトードローズ」か、楽器店の音楽教室独自の導入教材を使っていたでしょう。

こんな曲が収録されています。

  1. 素直な心
  2. アラベスク
  3. 牧歌
  4. 子供の集会
  5. 無邪気
  6. 進歩
  7. 清い流れ
  8. 優美
  9. 狩り
  10. 優しい花
  11. せきれい
  12. 別れ
  13. なぐさめ
  14. スティリアの女
  15. バラード
  16. 悲しみ
  17. おしゃべり
  18. 気がかり
  19. アヴェ・マリア
  20. タランテラ
  21. 天使の合唱
  22. 舟歌
  23. 再会
  24. つばめ
  25. 貴婦人の乗馬

※ 曲のタイトルは、版によって少し違いがあります。

子どもの頃、ピアノを習っていてブルクミュラーの作品を弾いた事がある人も、今習っている人も、今一度ブルクミュラーの作品と向き合ってはいかがでしょうか?どの曲も、子どもでも想像力を発揮できる素敵な作品ですよ。

ブルクミュラーおすすめの楽譜

ちなみにこちらの本は音符が大きく挿絵も可愛くて、子どもたちに大人気の楽譜です。

また、これの二台ピアノ版もあります。第一ピアノはオリジナルをそのままに、第二ピアノが創作となっています。

なお、二台ピアノ版の楽譜ですが、別のアレンジのものもあります。こちら(↓)は、第1番から第14番までの収録なのですが、上に紹介したものよりも、第二ピアノがなかなか素敵ですよ♪

ただ、現在、入手がなかなか難しいようです。

15番〜25番は、こちらです。 (残念ながら、今はもう絶版です)

では少し、二台のピアノでのブルクミュラーの演奏をご紹介しますね。こんな感じになりますよ。

ブルクミュラー「25の練習曲」から第2番”アラベスク”

大人の方との演奏です。子供たちの「アラベスク」のイメージとは違ってゆっくりめで。

疾走するようなアラベスクと違う味わいがありますよね。

ブルクミュラー「25の練習曲」から第15番”バラード”

次は私が子供の頃に大好きだった「バラード」を当時小2の生徒ちゃんと合わせたもの。

やっぱり今も好きな一曲です。あなたはいかが?

今までの生徒さんのママ達のお話をうかがうと、「ブルクミュラーで挫折したんです」という方が多かった。

でも、今なら子どものころとは違う気持ちで弾けるかもしれませんよ。なぜって?

だって、今のあなたは、あの頃のあなたとは違うからですよ♬ぜひ、楽しんでくださいね。

心と体をラクにする東京ピアノレッスン
心と体をラクにするピアノレッスンを東京で開催。埼玉・千葉・神奈川もご相談に応じます。
オンライン/動画レッスンのご案内
ピアニストでピアノ講師の荒井千裕によるオンライン・ピアノ・レッスン/動画deピアノ・レッスンのご案内
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました