心と体を楽にしてピアノを弾くピアノレッスン受付中❗

2020年6月のピアノ・レッスンにつきまして。

6月のピアノ・レッスンは、コロナを考慮して1日3名限定。

お日にちはご相談に応じます。

ご希望の方はこちらをクリックして詳細ページをご覧ください。

オンラインや動画でレッスンも❗

ラフマニノフの作品厳選26曲を解説!ピアノ弾きにはおすすめの1冊!

ロシア・ロマン派の巨匠と言えば、セルゲイ・ラフマニノフ(1873-1943)。ロシアが生み出した作曲家やピアニストはたくさんいますが、ラフマニノフはその筆頭に上がるのではないでしょうか。

そんなラフマニノフの作品をピアノで弾いてみたいと思ったら、是非ラフマニノフについての本を読む事をおすすめします。そしてラフマニノフのいろんなピアノ作品に触れてほしい。そうは言っても、最初はどれを読んだらいいかわからないかもしれません。そんなあなたにおすすめの1冊をご紹介しましょう。

作曲家ダイジェスト
ラフマニノフ(CD付)
柴辻純子・堀内みさ 共著

ラフマニノフの作品厳選26曲を解説!の目次

ではまず、「ラフマニノフの作品厳選26曲を解説!」の目次を見ていきましょう。

**作曲家を知る**

  1. 幼少期のラフマニノフ
  2. ラフマニノフが学んだ先生と学校
  3. 音楽家ラフマニノフ
  4. ラフマニノフの交友録
  5. はじめての挫折
  6. ロシア音楽の系譜
  7. ラフマニノフの性格と結婚
  8. 当時のロシアと欧州情勢
  9. ”指揮者”ラフマニノフと演奏活動
  10. 隠れた名曲
  11. アメリカへの移住と望郷
  • 番外編1.ラフマニノフ作品と映画
  • 番外編2.名曲名盤案内
  • 番外編3.ラフマニノフゆかりの地

**名曲案内**

  1. ピアノ協奏曲第2番
  2. パガニーニの主題による狂詩曲
  3. 12の歌
  4. 幻想的小品集
  5. ピアノ協奏曲第1番
  6. 歌劇「アレコ」
  7. 組曲第1番「幻想的絵画」
  8. 楽興の時
  9. 14の歌曲
  10. ピアノ三重奏曲第2番
    「偉大な芸術家の思い出」
  11. 組曲第2番
  12. チェロ・ソナタ
  13. ショパンの主題による変奏曲
  14. 10の前奏曲/13の前奏曲
  15. 12の歌
  16. 交響曲第2番
  17. 交響詩「死の鳥」
  18. ピアノ協奏曲第3番
  19. 合唱交響曲「鐘」
  20. ピアノ・ソナタ第2番
  21. 無伴奏合唱曲「晩とう」
  22. 練習曲集「音の絵」
  23. コレルリの主題による変奏曲
  24. ピアノ協奏曲第4番
  25. 交響曲第3番
  26. 交響的舞曲

この「ラフマニノフの作品厳選26曲を解説!」は、「作曲家を知る」と「名曲案内」から織り交ぜて説明されているので、とても興味深く読んでいく事ができますよ。

スポンサーリンク

ラフマニノフのピアニズムとは?

ラフマニノフのピアニズムの特徴は、たっぷりとした息の長いフレーズ、鮮やかなイントネーション、鍵盤の底まで達するような深くて豊かな音色、そして、自在なルバートにあります。

ここでラフマニノフの言葉を紹介しますね。

音楽は心より生まれ、心に届かなければならない。

まさにこの言葉こそが彼の音楽を言い表しているのでしょう。

ラフマニノフの音の記憶

ラフマニノフの幼少期は、家庭が大変でした。ラフマニノフは400年以上の歴史を誇る旧家の貴族に生まれましたが、父親の浪費で家は傾きます。

ラフマニノフにとって一番身近な存在だった祖母。その祖母の家を訪ねては、祖母が歌う民族音楽や聖歌を聴き、また大聖堂の鐘の音に耳を傾けたのでした。

こうして、ラフマニノフのロシア的な民族音楽を愛する心、鐘の音への想いが深まっていったのですね。

ラフマニノフ、作曲への決意

モスクワでのズヴェーレフ先生の家に住み込んでの内弟子時代、師匠ズヴェーレフ先生の家には、チャイコフスキーや有名な芸術家が訪れていました。

作曲に熱中していったラフマニノフ。作曲に必要な「静寂」が欲しくて、1人部屋をもらえないかとズヴェーレフ先生に頼むも却下されてしまいます。そうしてラフマニノフは恩師のもとを去ったのですね。音楽家は、自分の音楽作りをする時間はとても大事なもの。自分ひとりになれる環境があるかどうかは、譲れない条件ではないかと思います。

ラフマニノフは、音楽院で学びながら「ピアノ協奏曲第1番」を作り始めました。そして生活のためにピアノや音楽理論を教えながら、18歳の時に音楽院のピアノ科を首席で卒業。ちなみにこの時の次席はスクリャービンでした。

翌年、作曲科を卒業するまでにはピアノ協奏曲も完成し、音楽院の生徒達によるオーケストラとラフマニノフ自身のピアノで初演されました(第一楽章のみ)。それは今思うと、とても贅沢な空間だったよう。想いを馳せてしまいますね。

ラフマニノフの音楽は、歌わせて響かせる

ラフマニノフが作曲する上で大切にしたのは、ロシア音楽の原点ともいえる「歌」でした。ロシア正教は、人の声を最も神聖なものと考え、教会内での楽器の使用を禁じていたそうです。

ラフマニノフは、楽器を歌わせることにこだわっていました。ラフマニノフは、基本的に伝統的な調性の中で作品を書いていたのですが、それは「美しい理念、感情、体験によって人生を高め豊かにする」と考えていたからです。

また、ラフマニノフがロシアから受けた影響に、「教会の鐘の響き」があると言えるでしょう。それを思わせる重厚な和音は、様々な作品に見られますね。ピアノ作品でも、ラフマニノフ自身がアンコールで演奏する事を何度も求められたという「前奏曲嬰ハ短調」は副題が”鐘”となっています。

ラフマニノフにとってのチャイコフスキーの存在

作曲を始めたばかりのラフマニノフを高く評価し、支援してくれたのはチャイコフスキーでした。

たとえば和声学の試験のとき、チャイコフスキーはラフマニノフの作品に最高点の「5」を付けたそう。さらに!その周りに「+」の印を4つも付けたと言われています。「5++++」という感じでしょうか。点数なんか、付けられないよ!って感じかな?(笑)

また、卒業制作のオペラ「アレコ」の初演の時も、チャイコフスキーは終了後、ボックス席から身を乗り出して、力一杯拍手を贈り、祝福したそう。

これは、実にすごいことです。何故なら、当時チャイコフスキーは53歳で、既に著名な作曲家だったのです。だから、「あのチャイコフスキーが絶賛している!」という姿を見せる/見せられるというのは、聴衆にいかほどの影響を与えたことでしょうか。

さて、他にもたくさんの興味深いトピックがあります。また、名曲案内についても非常に興味深く解説されていますよ。

しかし(分厚い本ではありませんが)取り出してご紹介するには、あまりに項目が多くで選べない~!ので、このあたりで〆させて頂きますね。

ラフマニノフが気になっているあなたには、おすすめの1冊です。作品のCDも付いていますよ♪

ラフマニノフの作品厳選26曲を解説!のまとめ

  • ラフマニノフのピアニズムは息の長いフレーズ・鮮やかなイントネーションに豊かな音色・自在なルバートにある!
  • ラフマニノフの音の記憶は祖母の歌にある!
  • ラフマニノフは楽器を歌わせることにこだわっていた!
  • チャイコフスキーは惜しみなくラフマニノフを絶賛していた!

ラフマニノフは、前奏曲も楽興の時もコンチェルトや連弾・二台ピアノ作品も、どれをとってもつい心を委ねて任せてしまいたくなるような、魅力に溢れています。あなたが惹かれるラフマニノフ作品は何かしら?是非、ラフマニノフの背景に触れて、ラフマニノフのピアノ音楽の世界にはまってくださいね。

こちらもおすすめ!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

【ブログをメールで購読】

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,122人の購読者に加わりましょう

心と体を楽にするピアノ奏法をメルマガでお届けします。
楽譜・書籍 音楽書
Chihiro ARAIをフォローする
心と体をラクにするピアノ演奏法

コメント