正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

楽譜・書籍

幸せになりたかったら読むといい「魔法の言葉」

言葉には「良い言葉」と「悪い言葉」があります。 あ、悪い言葉=汚い言葉、という意味ではありません。「悪い言葉」とは、その言葉を発してしまうと何だか気分が悪くなるような、周りの空気を落してしまうような、そんな言葉のことです …

ペダルの踏み方ってどうするの?を解消しよう!

ピアノを習っていると、そのうち「ペダル」を踏む(使う)事になります。 ペダル、はて、どうやって踏むのかな?ピアノの弾き方は習っても、ペダルの踏み方までちゃんと習っているでしょうか?ペダルの踏み方も、いろいろあります。細か …

ドビュッシー「二つのアラベスク」について

今年2018年は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシーの没後100年(1862−1918)。ドビュッシーのことやドビュッシーが生み出した作品についてお話していきたいと思っています。今日は、ドビュッシーの初期のピアノのた …

ベートーヴェン、ピアニストとしてのデビューのエピソード

むかし買った本を再読してみました。えぇ、大好きなベートーヴェンさまです。すると、結構早いところでベートーヴェンの「ピアノ協奏曲第2番」の話しが出てきました。 そんなベートーヴェンと、ベートーヴェンのピアニストとしてのデビ …

さぁ、1音の世界を満喫しよう!

ピアノのおけいこを始めたばかりだと、1音の出し方から始まり、両手で何か弾けるようになるまでは少し時間がかかります。それは仕方のない事ですが、小さな子どもにとって、もしかしたら「つまらないこと」になってしまうかもしれません …

あなたも「すぐやる人」に変われる方法がある!

うん、これやろう!すぐやろう!と思うのに、「すぐやろうと思った事」を先送りしてしまう事はありませんか?ただ「腰が重い」だけなのかしら? 気になって目についた時は、その情報が欲しかった時。最適なメッセージがやってきたという …

ブルグミュラーの命日

● ブルグミュラーの命日   本日、2月13日は、ピアノ愛好家なら誰でも知っているでしょう、 ブルクミュラーの命日です。 (1806年12月4日 – 1874年2月13日)   ヨハン・ブ …

ドビュッシーの言葉を知ると、表現力が2倍になる!

● ドビュッシーの言葉を知ると、表現力が2倍になる! クロード・ドビュッシー、フランスを代表する作曲家。 1862年8月22日生まれ、1918年3月25日没。 つまり、今年はドビュッシーの没後100年のアニバーサリー・イ …

ラヴェルのピアノ曲

ラヴェルのピアノ曲とは? エレーヌ・ジュルダン=モランジュとヴラド・ペルルミュテールの、ラジオでの対談をまとめられた本です。 作品ごとにまとめられていて、ラヴェルがそれぞれの作品にどんな想いを込めていたのかが、わかります …

サン=サーンス

● カミーユ・サン=サーンス   フランスの作曲家でオルガニスト、ピアニスト。 一般的に有名なのは「動物の謝肉祭」でしょうか。 1835年10月9日生まれ、1921年12月16日没。  あら、ジョン・レノンも、 …

1 2 3 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.