正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

音楽書

ツェルニーからの手紙で10のピアノ・レッスン!ツェルニーの教えは今も生かせる!?

ツェルニー(チェルニー)と言えば、ピアノに関わった事がある人なら知らない人はいないでしょう。ツェルニーで苦い想いをした人は多そう。 そうね、ツェルニーの練習曲がピアノ・レッスンの必須なのがイヤでピアノを辞めてしまった人も …

聞くはいっときの恥!あなたの音楽力を高める17の疑問を解消しよう!

好きだから、長く続けているからと言って、その分野のことを何でも知っているとは限りません。別の角度から言い換えれば、ピアノの先生ならどんな曲でも弾けて当たり前だと、ピアノを弾かない人たちからは思われていることが多いのと同じ …

ラフマニノフの作品厳選26曲を解説!ピアノ弾きにはおすすめの1冊!

ロシア・ロマン派の巨匠と言えば、セルゲイ・ラフマニノフ(1873-1943)。ロシアが生み出した作曲家やピアニストはたくさんいますが、ラフマニノフはその筆頭に上がるのではないでしょうか。 そんなラフマニノフの作品をピアノ …

超絶技巧は脳から生まれるって本当?脳のメカニズムがわかればピアノはもっとラクに弾ける!

ピアノを弾く・学んでいく上で、様々な問題にぶつかるでしょう。どうして間違えるのか?どうやったらちゃんと弾けるようになる?なぜ本番で暗譜でピアノを弾くと、緊張したり真っ白になったりするのでしょうか? そんなピアノの弾きにく …

ピアノを弾くならシューベルトからリストまで前期ロマン派について知っておこう!

随分前に発刊された本を読み直しました。その名も「クラシックのあゆみ2、前期ロマン派の音楽 <シューベルトからリストまで」という岩井宏之氏の著です。 シューベルトもショパンもリストも、普通にピアノ・レッスンをしていれ …

ロマン派の作曲家メンデルスゾーンと童話作家アンデルセンの背景を知っておこう

裕福な家に生まれたロマン派の作曲家メンデルスゾーンと、極貧の子供時代を過ごした作家アンデルセン、そして歌姫ジェニー・リンドが過ごした時代がありました。 メンデルスゾーンは恵まれた家庭にいたけれど、ユダヤ人ということでツラ …

あなたの音楽力を上げる17の疑問とは?

ピアノをやっているあなたも、他の楽器をやっているかもしれないあなたも、もしあなたの音楽力をもっと上げられるよ、と言われたらどうしますか?とりあえず、ハナシ聞いとこう!って思います? もしそう感じるなら、ちょっと読んでみた …

ピアノを弾くための音楽理論おすすめの本5冊!

ピアノのレッスンをしていると、時々こんなお声が聞こえてきます。 「楽典をちゃんと教えてもらったことがないから」「ピアノを弾くだけのレッスンで精一杯だったから理論がわからない」 確かに。私も思い起こしてみれば、ピアノのレッ …

ドビュッシーの作品を総合的に知りたかったら持っておきたいオススメの本

2018年は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシーの没後100年。 ドビュッシーの作品を総合的に知りたかったら、是非持っておきたいオススメの本を1冊ご紹介します。ピアノ曲のみならず、ドビュッシーの作品のほとんどを簡単に …

メンデルスゾーン*ピアノ演奏の手引き

ピアノでメンデルスゾーンの曲をやるにあたり、メンデルスゾーン関係の本を何冊か買っていたことがありました。 メンデルスゾーンは、ピアノなら「無言歌集」に収録されている「春の歌」が一番の有名所でしょうか?でも、他にもたっくさ …

1 2 3 4 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.