正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

音楽書

ペダルの踏み方ってどうするの?を解消しよう!

ピアノを習っていると、そのうち「ペダル」を踏む(使う)事になります。 ペダル、はて、どうやって踏むのかな?ピアノの弾き方は習っても、ペダルの踏み方までちゃんと習っているでしょうか?ペダルの踏み方も、いろいろあります。細か …

ベートーヴェン、ピアニストとしてのデビューのエピソード

むかし買った本を再読してみました。えぇ、大好きなベートーヴェンさまです。すると、結構早いところでベートーヴェンの「ピアノ協奏曲第2番」の話しが出てきました。 そんなベートーヴェンと、ベートーヴェンのピアニストとしてのデビ …

ピアノのペダルの踏み方にはポイントがある事を知っておこう!

ペダルの踏み方が、どうもしっくりしない、濁っているのが気になるとか、なんだかタイミングが良くないような気がするとか、感じたことは、ありませんか? ペダルの踏み方は1つではありません。幾つも踏み方があります。 ペダルには「 …

ドビュッシーの言葉を知るとピアノ表現力が2倍になる!

ドビュッシーの作品が好きなあなた、今ドビュッシーの作品と向き合っているあなた。せっかくドビュッシーの作品をピアノで弾くなら、あなたの演奏力・表現力をもっと上げたいと思いませんか? あなたの表現力を増幅させるために、是非ド …

ラヴェルのピアノ曲

どんな作曲家の作品をピアノで弾く時でも同じこと。もしあなたがフランスの作曲家ラヴェルの作品を弾こうとしているなら読んでおいたらいい本があります。 今どきはネットで検索すれば大方の情報は出てきますよね。どうしてもその作曲家 …

サン=サーンスってどんな人?

カミーユ・サン=サーンスとはどんな人だったんだろう?   フランスの作曲家でオルガニスト、ピアニスト。 一般的に有名なのは「動物の謝肉祭」でしょうか。 1835年10月9日生まれ、1921年12月16日没。   …

妻アンナの著作からバッハの深く広い愛に触れてみよう!

ピアノに限らずクラシック音楽をやっていると、いつか必ず目の前に現れる大作曲家がいる。彼こそがヨハン・ゼバスティアン・バッハだ。 あなたにも見覚えがあるでしょう。学校の音楽室にあった肖像画を。この肖像画ばかりが使われること …

演奏者のためのメンタル・トレーニングとは?

● 演奏者のためのメンタル・トレーニングとは?                   スポーツドクターの辻秀一氏が 「演奏者のための …

ツェルニーからの手紙で10のレッスン

ツェルニーからの手紙で10のレッスン 数年前に、Twitterで お友達に教えて頂き、早速注文したのが カール・ツェルニー 若き娘への手紙 もう4年ほど前の事です。というわけで、リライト記事です。 ツェルニーといえば、ピ …

「音楽的」なピアノ演奏のヒント

● 「音楽的」なピアノ演奏のヒント   もう既に読まれた方も多いと思うが、これは大変にお勧めの本です。 日々、師匠から伝授されてきた事の裏付けがとれたような気がした。 野村三郎氏著のこの書、目次を見るだけで興味 …

« 1 2 3 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.