正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

楽譜・書籍

ドビュッシー「二つのアラベスク」について

今年2018年は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシーの没後100年(1862−1918)。ドビュッシーのことやドビュッシーが生み出した作品についてお話していきたいと思っています。今日は、ドビュッシーの初期のピアノのた …

ベートーヴェン、ピアニストとしてのデビューのエピソード

むかし買った本を再読してみました。えぇ、大好きなベートーヴェンさまです。すると、結構早いところでベートーヴェンの「ピアノ協奏曲第2番」の話しが出てきました。 そんなベートーヴェンと、ベートーヴェンのピアニストとしてのデビ …

さぁ、1音の世界を満喫しよう!

ピアノのおけいこを始めたばかりだと、1音の出し方から始まり、両手で何か弾けるようになるまでは少し時間がかかります。それは仕方のない事ですが、小さな子どもにとって、もしかしたら「つまらないこと」になってしまうかもしれません …

あなたも「すぐやる人」に変われる方法がある!

うん、これやろう!すぐやろう!と思うのに、「すぐやろうと思った事」を先送りしてしまう事はありませんか?ただ「腰が重い」だけなのかしら? 気になって目についた時は、その情報が欲しかった時。最適なメッセージがやってきたという …

ピアノのペダルの踏み方にはポイントがある事を知っておこう!

ペダルの踏み方が、どうもしっくりしない、濁っているのが気になるとか、なんだかタイミングが良くないような気がするとか、感じたことは、ありませんか? ペダルの踏み方は1つではありません。幾つも踏み方があります。 ペダルには「 …

ドビュッシーの言葉を知るとピアノ表現力が2倍になる!

ドビュッシーの作品が好きなあなた、今ドビュッシーの作品と向き合っているあなた。せっかくドビュッシーの作品をピアノで弾くなら、あなたの演奏力・表現力をもっと上げたいと思いませんか? あなたの表現力を増幅させるために、是非ド …

ラヴェルのピアノ曲

どんな作曲家の作品をピアノで弾く時でも同じこと。もしあなたがフランスの作曲家ラヴェルの作品を弾こうとしているなら読んでおいたらいい本があります。 今どきはネットで検索すれば大方の情報は出てきますよね。どうしてもその作曲家 …

「本番に向けての練習法」や「講師挨拶文例集」

● 「本番に向けての練習法」や「講師挨拶文例集」   「本番ぬ向けての練習法」や、「講師挨拶文例集」と言った電子書籍を出しております。   ※ 以下は、Amazonで購入出来るキンドル(電子書籍)です …

サン=サーンスってどんな人?

カミーユ・サン=サーンスとはどんな人だったんだろう?   フランスの作曲家でオルガニスト、ピアニスト。 一般的に有名なのは「動物の謝肉祭」でしょうか。 1835年10月9日生まれ、1921年12月16日没。   …

ヘンレ新版「エリーゼのために」について

● ヘンレ新版「エリーゼのために」について   ベルギーのお友達から教えてもらった、 ベートーヴェン様の有名すぎる「エリーゼのために」の、 新版。 弾いた事がない人でも、最初のフレーズは 全部覚えていそうなくら …

« 1 2 3 4 5 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.