楽譜・書籍,音楽書

ピアノを習った事がある人ならきっとその名前を知っているだろう、ピアノ教則本でお馴染みの「バイエル」。

フェルディナント・バイエル(1803-1863)は、ドイツの作曲家でピアニストです。

7月25日は、このバイ ...

楽譜・書籍,音楽書

本日は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシー(1862−1918)の子ども向けの伝記をご紹介しましょう。

2018年はドビュッシーの没後100年の記念年でした。2018年は過ぎてしまいましたが、ドビュッシー作品をやるなら ...

楽譜・書籍,楽譜,曲の紹介

ピアノのおけいこを始めたばかりだと、1音の出し方から始まり、両手で何か弾けるようになるまでは少し時間がかかります。それは仕方のない事ですが、小さな子どもにとって、もしかしたら「つまらないこと」になってしまうかもしれません。

ピアノ奏法,楽譜・書籍,楽譜

ピアノを弾く者も弾かない人でも、ピアノで「エリーゼのために」と言えば、聞いたことがない人はいないのでは?というくらい、あまりに有名な「エリーゼのために」は、御髪振り乱す肖像画が印象的なドイツの作曲家、ベートーヴェン様の代表作。 ...

楽譜・書籍,音楽書

ピアノを弾くって楽しいですよね。音をポンと鳴らすだけでも、ほんと楽しい!

それなのに、曲を最初から最後まで通して弾けるようになったら、めちゃめちゃ達成感もあるし、やった!わたしすごい!って思っちゃいますよね。嬉しくてたまら ...

楽譜・書籍,音楽書

ピアノ演奏の根本原理?何だか難しそうなタイトルの本ですよ。しかも本の装丁からしても、中身が難しそうに感じるのは私だけ?

でもね、これがビックリするくらい、わかりやすくてピアノを演奏する上で本当に活かせる事ばかりが書かれてい ...