正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

ピアノ奏法

ピアノでアルペジオをキレイに外さずに弾く方法

ピアノのレッスンをしていると、多くの学習者さん達がお悩みの奏法にアルペジオがあることが目立ちます。 和音を分散して弾くアルペジオは1オクターブを超えたり、和音の構成音が変わると手指の形(開き具合)や使う指が変わることもあ …

ピアノ練習が出来ない時こそイメージ・トレーニングで脳を活性化しよう!

ピアノ大好き!時間がある限りピアノに向かって練習したい!弾きまくりたい!だけどピアノに向かう時間がなかなか取れない!なんてこと、あるのではないでしょうか? ピアノに向かう時間が取れない時こそやると良い事があります。それが …

ラクにピアノを弾くために腕の力が抜けている状態を知ろう!

ピアノを弾く上で切り離せないのが「脱力」。 弾いているとなんだか腕のだるさを感じたり、弾きにくさを感じる事はありませんか?脱力するにはまず、力が入っている状態・抜けている状態を知る所から始めると良さそうです。今日はそんな …

ラクに弾くために肘を意識する

ピアノを弾く時、あなたの肘はどちらから動いていますか? 内肘から?それとも外肘からかしら?よくわからなかったら、音域移動のあるフレーズを弾いてみて下さい。さぁ、あなたの肘はどちらから動いている? ピアノを弾く時、手(指) …

ピアノは向い所を知って弾く!既にフォルテだったらどうする?

ピアノを弾いていると、どこに盛り上がる所=クライマックスがあるのか、何となくわかるだろう。 人は大抵、クレッシェンドやフォルテの記号を見ると気持ちが高揚し、うわ〜っと盛り上げたくなる。でもね、一つの曲の中には盛り上がりを …

3の指を支点に脱力練習をしよう!

昨日・一昨日のレッスンで共通したポイントが幾つかありました。この記事は以前書いたものですが、今この話があてはまる方が多そうなので、もう一度更新します。そういえば以前「オクターブ・フレーズの弾き方」についてお話したので、そ …

ゆったりした空間が、あなた自身も音も自由にする

あなたはピアノを弾く時、どんな姿勢をしているでしょうか?背中を伸ばさなきゃ!と思っていませんか?姿勢を正す、という考え方は良い事だと思います。これが日本人だなぁ、日本人らしいなぁと思いますが、「せねば」と思い込みに囚われ …

自転車(サイクリング)から脱力を学ぶ

ピアノを弾いていく上で、多くの人達が一生の課題と言えるかもしれないものの筆頭に「脱力」が上がるだろう。いわば「永遠のテーマ」だ。 でもね、ピアノを弾く上での脱力は実はそんなに難しい話じゃないのです。コツさえつかめれば簡単 …

フレーズ・表現の三段階活用とその先の音を事前に聴いておく事

ピアノを弾く上で(音楽をやる上で)、表現の三段階活用というのがあります。あなたも同じようなフレーズが何回も繰り返される作品に出会ったことがあるでしょう。そんな時、あなたはどう演奏しますか?どう表現するのでしょう。 フレー …

音楽的になる指遣い・ポジションを考えよう

あなたは普段ピアノを弾く時、はじめての曲と向き合う時、指遣いや手のポジションをどうやって決めているでしょうか? 一見難しいという印象を受けないフレーズで、考えることなしにさらっと弾けそうな気がしても、実はちょっと考えた方 …

1 2 3 53 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.