ピアノ奏法,音階・半音階,ピアノ曲の仕上げ方,打鍵法,スラー/レガート

リスト「軽やかさ」から

「軽やかさ」とは、ハンガリー出身のロマン派の作曲家、フランツ・リスト(1811-1886)によって作曲されたピアノ曲。

リストの「軽やかさ」は、「3つの演奏会用練習曲」の第2曲として収録されています。第1曲は「悲しみ」、第 ...

ピアノ奏法,音階・半音階,打鍵法

ブルクミュラー「進歩」から

同じメロディを両手で同時に弾くことを「ユニゾン」と言います。
(アンサンブルなら、違う楽器同士が同じメロディを奏でること。)

ピアノを弾く上で、このユニゾンは結構「やっかい」な部類に入るでしょう。

何せ ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

「音楽の父」ことヨハン・ぜバスティアン・バッハ様は、後世の私達にたくさんの素晴らしい作品を遺してくださいました。

そんなバッハ様の作品を、クラシックピアノを学ぶなら避けて通る事は出来ません。

バッハの作品は、簡 ...

ピアノ奏法,同音連打,打鍵法

ピアノを弾くには、大変なことがたくさんありますよね。
今日はその中で、実際に音を出す「打鍵」に焦点を当ててますよ。

「先に打鍵の準備をいかに出来るか?」で回避できること、そして確実に出来る事はグンと増えます。

ピアノ奏法,楽譜の読み方,ピアノ曲の仕上げ方

「音楽の父」ことヨハン・ぜバスティアン・バッハ様は、後世の私達にたくさんの素晴らしい作品を遺してくださいました。

そんなバッハ様の作品を、クラシックピアノを学ぶなら避けて通る事は出来ません。

バッハの作品は、簡 ...

ピアノ奏法,楽譜の読み方

音符の丸の上か下に付けられる「・」=スタッカート。
この記号を見ると、とっさにジャンプするかのようにピアノを弾いていませんか?

フォルテやクレッシェンドの記号を見た瞬間に、頑張って弾いてしまったり、強くしてしまうよ ...

ピアノ奏法

ピアノを弾く事・ピアノに触れる事を愛してやまない。
そんなあなたも私も、いつも思うように練習出来るわけじゃないですよね。

本番が近くたって、練習時間を確保出来ない場合だってあります。

ピアノに触れて指を ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

音楽の父、ヨハン・ぜバスティアン・バッハ(1685-1750)は、数え切れないほどの鍵盤楽器のための作品を生み出しました。

バッハの「平均律クラヴィーア曲集」は、第1巻と第2巻があり、どちらもそれぞれ24曲の(24の全ての ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方,打鍵法

バッハ「平均律第2巻第1番」プレリュード出だし

音楽の父、ヨハン・ぜバスティアン・バッハ(1685-1750)は、数え切れないほどの鍵盤楽器のための作品を生み出しました。

バッハの「平均律クラヴィーア曲集」は、第1巻と第2巻があり、どちらもそれぞれ24曲の(24の全ての ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

バッハ「平均律第2巻第8番」フーガ7小節目

ピアノを学ぶなら避けては通れないのが、「音楽の父」と呼ばれるドイツの作曲家、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ様の作品。

バッハの作品は難しいと感じる人達が多いのも事実。
でも、バッハの作品の美しさに惹かれてやまない人 ...