ピアノ奏法,呼吸,スラー/レガート

ブルクミュラー「帰り道」から

スラーは、音符の上や下に弧線が付いているもの。

スラーが付いている間の音は、切れないように「つなげて」弾きましょう、と習うでしょう。
これは、言い換えると「レガートで弾く」ということです。

でもね、ピア ...

ピアノ奏法,楽譜の読み方,脱力,ピアノ曲の仕上げ方,呼吸,スラー/レガート,ペダルの踏み方

ポップコーン美味しいよね

ピアノに限らず合唱・童謡でも有名な日本の作曲家、湯山昭先生(1932〜)。

小学3〜4年生の頃に習っていたピアノの先生から、バッハにショパンやシューベルトといった課題と一緒に与えられたのが、湯山昭先生の「お菓子の世界」「日 ...

ピアノ奏法,イメージの持ち方,呼吸,スラー/レガート

湯山昭「月曜日のソナチネ」

ピアノを弾くと言っても、ピアノの作品はこの世に数えきれないほどあります。自分で作曲したり、即興で弾けちゃうすごい人達もいますよね。

多分、この記事を読みにきてくれたあなたは、クラシック・ピアノが好きなんだと思います。だって ...

ピアノ奏法,楽譜の読み方,呼吸

バッハ「インヴェンション」

偉大なる作曲家、ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750)。
バッハの作品は、私達バッハ好きにはたまらない魅力にあふれており、また勉強欲をかきたてさせられるものばかり。
その勉強は、何度繰り返しても新しい発見 ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方,呼吸,打鍵法,ペダルの踏み方

ショパン「ノクターン第13番」から

ピアノの詩人と言われているポーランド出身の作曲家でピアニスト、フレデリック・フランソワ・ショパン(1810-1849)。

ショパンはピアノのための作品を多く残しました。
ショパンの作品は、ワルツ・エチュード・マズル ...

ピアノ奏法,楽譜の読み方,ピアノ曲の仕上げ方,呼吸

お人形

とっても楽しい曲、大好きな曲をピアノで弾くのは、心が浮足立つような幸せな時間です。

音にするだけで、ウキウキしてしまう感覚は不思議ですよね。でも、自己満足で終わっていないかなぁ?もしかしたら、いろんな事を勘違いしたり間違え ...

ピアノ奏法,呼吸

呼吸しよう!

ピアノを弾くって、本当に素敵!とっても幸せで楽しい時間ですよね。

でもね、楽しい気持ちだけでは弾けないの。なんだかちょっと大変なフレーズになると、弾ききれなくて、苦しくなって、気づいたら肩が上がってて、あれ?私、息止まって ...

ピアノ奏法,呼吸

自然な呼吸してる?

ピアノを気持ちよく弾いているつもりでも、気づくと肩が上がってカチカチになっていること、ありませんか?

あなたは「息止まってるよ!」なんて注意されたことはないでしょうか。

ピアノの「音の伸び」もね、たっぷり味わい ...

ピアノ奏法,楽譜の読み方,跳躍,ピアノ曲の仕上げ方,呼吸

きらめく星

次の曲こそ、譜読みから全てを見落とさないようにちゃんとやろう!

次の曲こそ、適当に弾く癖とサヨナラして、ごまかさないで弾くようにがんばろう!

何度そう決意したことでしょうか?なんだかんだ弾き始めてしまうと、目の ...

ピアノ奏法,呼吸

ピアノを弾いていると、こんな事はありませんか?

手首に力が入ってしまうとかヒジに力が入る
腕全体に力が入る
肩に力が入ってしまって、無意識のうちに肩が上がってしまう

あなたはこんな経験、ありませんか? ...