ピアノ奏法,楽譜の読み方,ピアノ曲の仕上げ方

雪の日のソリのベル

私が子供の頃には、お目にかかる機会がなかったアメリカの作曲家。
それがウィリアム・ギロックさま。

ギロックさまとは、1917年生まれで1993年に亡くなった、アメリカの音楽教育家で作曲家のこと。

ギロッ ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

ピアノの詩人とも呼ばれる作曲家ショパン。

ショパンが生み出したピアノ作品は、多くが今も世界中で愛されています。
なんと行ってもショパンの母国ポーランドでは、5年に一度、世界的ピアニストの登竜門と言われてきたショパン ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

リスト「愛の夢」

ピアノの魔術師とも言われるハンガリー出身の作曲家(1811-1886)フランツ・リスト。
リスト様と言えば、一番有名で世界中の人たちに愛されている「愛の夢第3番」がパッと浮かぶのではないでしょうか?

リストの「愛の ...

ピアノ奏法,楽譜の読み方,音階・半音階,ピアノ曲の仕上げ方,打鍵法,スラー/レガート

もやっと

どんな曲と向き合う時も、譜読みに苦労し、技術が足りないと嘆きながら練習を積む。

たくさん練習を重ねた後に、ようやく「こんな感じの音楽かな?」というのが見えてきたり、理解できないフレーズにモヤモヤさせられたりしませんか?

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

ブラームス「2つのラプソディ」第1番から

ブラームスと言えば、ドイツを代表する作曲家の一人ですね。

ドイツ三大Bと言えば、バッハ(Bach)、ベートーヴェン(Beethoven)、そしてブラームス(Brahms)のこと。

あなたは三大Bでお好きな作曲は ...

ピアノ奏法,楽譜の読み方,アルペジオ,ピアノ曲の仕上げ方

ブラームス「間奏曲」Op.118-2から

ブラームスと言えば、ドイツを代表する作曲家。

晩年の肖像画はなかなかゴツい感じがするのですが、若い頃はかなりイケメン💓

私がブラームスの作品と初めて出会ったのは、中学生になった頃のこと。
自分専用のラジ ...

ピアノ奏法,イメージの持ち方,ピアノ曲の仕上げ方,打鍵法

ポンセ「間奏曲第1番」

ピアノを弾くのは本当に幸せで楽しいことですよね。

長くピアノを弾いていくと、大好きな作曲家の作品に没頭する時期もあれば、ふと、それまで一度も触れたことのない作曲家の作品も弾いてみたいな、と思う事もあるでしょう。

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

メンデルスゾーン「スコットランド・ソナタ」第3楽章

フェリックス・メンデルスゾーン(1809-1847)作曲の「スコットランド・ソナタ」Op.28は、3つの楽章から成っています。

日本では「スコットランド・ソナタ」という曲名で有名ですが、原題は「ファンタジー」。
こ ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

メンデルスゾーン「スコットランド・ソナタ」第2楽章

メンデルスゾーンのピアノ曲「スコットランド・ソナタ」の名で親しまれている「ファンタジー」Op.28は、3つの楽章から成っています。

今日は、その第2楽章を仕上げるための練習ポイントを教えちゃいます! どんな事に気をつけたら ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

メンデルスゾーン「スコットランド・ソナタ」第1楽章

日本では「スコットランド・ソナタ」の名で知られているメンデルスゾーン(1809-1847)の「ファンタジー」作品28は、1833年に作曲されました。

【幻想曲 嬰ヘ短調「スコットランド風ソナタ」Op.28】と言うのが日本的 ...