正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

イメージの持ち方

ピアノでイメージを持って演奏する方法

ピアノを弾いていると、何か音楽をやっていると「もっとイメージを強く持って!」と言われる事はありませんか? は?イメージ?なんやそれ? そうねぇ・・・あなたは子供の頃に、「こんなじゃなくて、あぁなったらいいのになぁ♡」って …

ピアノの音の伸びを味わうのに必要なのは呼吸とイメージの持ち方

ピアノの「音の伸び」はたっぷり味わいたいところ。でもね、音の伸びって音価の長い音符に限ってのお話ではありません。そしてやっぱりあなたのピアノに呼吸を合わせると、とっても自然にあなたが発する音の伸びを味わえますよ。 ではあ …

スタッカートのイメージを想像するとピアノの音が生きてくる!

スタッカートとは、「音を切る」という意味。でも実際にピアノで初めてスタッカートが楽譜に出てきた時には、「こうやって、はねるのよ」と教わるケースが多そう。「音を切る」のも、その切り方にもいろいろある事を想像すれば、「はねる …

レイヤーを感じてイメージするとピアノ表現に奥深さが出る!

曲の中には、同じリズムが繰り返されることがあります。そんなフレーズをピアノで弾く時、あなたは何かを感じるでしょうか?それとも何となくスルー? リズムが同じだから弾きやすい?簡単だ、わ〜い!だけじゃなく、もう少し何かを感じ …

音のつながりをイメージしてみるとピアノの打鍵の仕方が見えてくる!

メロディがどこにあるかわかっていても、歌っているつもりでいても、何だかしっくりしないことはありませんか? 右手ばかりが気になって左手を全然聴いていなかったなんてことは、ありませんか?もしかしたら繋がりがあるのかもしれませ …

他の楽器を想像してみる

● 他の楽器を想像してみる   こんな、伴奏のない自由な旋律は、 どうやって歌ったらいいのだろう? 自由で、表情豊かに、 となると、途端に自由になれなかったり、する。   こんな時は、是非、 もしこの …

会話の盛り上がりを想像してみる

● 会話の盛り上がりを想像してみる   こんなフレーズ、 右手と左手が掛け合って居ますね。 漫才でボケてるのか? 会話がうまいこと運ばないのか? 会話がエスカレートしているのか? 相手は誰なのか? 話はちゃんと …

フォルテに向かう音を想像しよう!

● フォルテに向かう音を想像してみよう!   ドビュッシー「小さな黒人」の一部分。 クレッシェンドして行って、フォルテになる。 「クレッシェンドして行って」フォルテだ。 始めからフォルテなのとは、違います。 & …

拍を感じて、イメージする

● 拍を感じて、イメージする   この変奏は、どんな雰囲気かしら? 何をイメージできるかしら?   と投げかけたら、私が持っているイメージと、 同じモノを、返してきた生徒ちゃん。   それを …

ピアノで左右逆の動きは「あやつり人形をイメージする」と弾きやすくなる!

ピアノは右手と左手で別の事をやりますよね。同じ一つの曲を演奏するのに、右手と左手ではリズムも違うし音も違っていたり。音が進んでいく方向も違ったりね。その上、足はペダルを使ったりしてきゃー大変! 右手がスタッカートで左手は …

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.