イメージの持ち方

ピアノ奏法

ピアノでイメージを持って演奏する方法

ピアノを弾いていると、何か音楽をやっていると「もっとイメージを強く持って!」と言われる事はありませんか? は?イメージ?なんやそれ? そうねぇ・・・あなたは子供の頃に、「こんなじゃなくて、あぁなったらいいのになぁ♡」って空想した事を...
ピアノ奏法

ピアノの音の伸びを味わうのに必要なのは呼吸とイメージの持ち方

ピアノの音の伸びを味わうのに必要なのは呼吸とイメージの持ち方
ピアノ奏法

スタッカートのイメージを想像するとピアノの音が生きてくる!

スタッカートのイメージを想像するとピアノの音が生きてくる!
ピアノ奏法

レイヤーを感じてイメージするとピアノ表現に奥深さが出る!

レイヤーを感じてイメージするとピアノ表現に奥深さが出る!モーツァルト「ロンド」を例にお話しています。
ピアノ奏法

音のつながりをイメージしてみるとピアノの打鍵の仕方が見えてくる!

その音をどう弾いたら良いのか、どう表したら良いのかわからなかったら、その音の繋がり(前後関係)を見てみましょう。音の繋がりがわかれば、打鍵の仕方が見えてきますよ。
ピアノ奏法

他の楽器を想像してみる

どう歌ったらいいのかわからなかったら、他の楽器を想像してみよう。
ピアノ奏法

会話の盛り上がりを想像してみる

ぜひ、どんな会話なのか?想像してみましょう。
ピアノ奏法

フォルテに向かう音を想像しよう!

フォルテに向かう音を想像しよう!
ピアノ奏法

拍を感じて、イメージする

拍を感じて動き方をイメージする。すると、動き・流れがとてもよくなります。
ピアノ奏法

ピアノで左右逆の動きは「あやつり人形をイメージする」と弾きやすくなる!

ピアノで右手と左手で動きが逆だと、とても気をつけないと、どちらかに動きがつられてしまいます。では、こんな風にイメージしてみましょうか。