ピアノ奏法,跳躍,ピアノ曲の仕上げ方

ブルクミュラー「アラベスク」出だし

あなたはピアノのおけいこを始めて、最初に「この曲弾きたい!弾けるようになりたい!」と思った曲が何だったか覚えていますか?

私は、親が先回りして「娘がこれを弾けるようにご指導よろしくお願いします!」と先生にお願いしてレッスン ...

ピアノ奏法,跳躍,同音連打,スラー/レガート

打鍵と同時にてのひらは開く

ピアノで弾く和音にもいろいろあるけれど、多くはハーモニーとしての役割を果たしているでしょう。

ハーモニーとして和音があるなら、主役のメロディが別にあるので、和音の動きは軽くみられやすい(涙)。でも、中には和音そのものがメロ ...

ピアノ奏法,跳躍

ピアノを弾けるというのは、なんて幸せなことなのでしょう。

ピアノに触れている時間があるだけで、精神的にも落ち着きますよね。

そうは言っても、どうせ弾くなら少しでも上手に弾きたい。少しでも上手になりたいと思うのは ...

ピアノ奏法,楽譜の読み方,跳躍,ピアノ曲の仕上げ方,呼吸

きらめく星

次の曲こそ、譜読みから全てを見落とさないようにちゃんとやろう!

次の曲こそ、適当に弾く癖とサヨナラして、ごまかさないで弾くようにがんばろう!

何度そう決意したことでしょうか?なんだかんだ弾き始めてしまうと、目の ...

ピアノ奏法,脱力,跳躍

ある日の空

脱力とは、ピアノを弾く人にとって永遠の課題のようなもの。

一言で脱力と言っても、全ての力を抜いてしまえばピアノを弾くことはおろか、椅子に座ることすらできないでしょう。

ちょうどよい塩梅で力を抜く。必要なだけのさ ...

ピアノ奏法,脱力,アルペジオ,跳躍

ピアノを弾くのは、たくさんの喜びに楽しさがありますよね。ピアノを弾けるってなんて幸せなんだろう。

多分、ピアノを弾く場合に限らないのでしょうね。例えばスポーツでも、自分の体を使わないといけないのですから、うまく使えないと体 ...

ピアノ奏法,跳躍,呼吸

ドイツの作曲家、ロベルト・シューマンの「ピアノ・ソナタ第2番」ト短調作品22は、1833年から1838年にかけて作曲されました。出版されたのは1839年、シューマンが29歳の時のこと。

このピアノ・ソナタは、「のだめカンタ ...

ピアノ奏法,アルペジオ,跳躍

「猫とネズミ」と言えば、頭に浮かぶのは「トム&ジェリー」。

猫のトムとネズミのジェリーは、互いにいたずらを仕掛けたりして「じゃれあう」。そのドタバタ劇がテンポよく展開されるアニメ。トムとジェリーは音楽も良かった!

ピアノ奏法,アルペジオ,跳躍

ピアノで跳躍って、音ははずれるわ弾きにくいわ。その上、テンポが速かったらもう本当に大変ですよね。そして、和音を崩して弾くアルペジオのフレーズも、なんだかしっくり手にはまらない感じがして弾きにくいの。

今日はそんなピアノで跳 ...