ピアノ奏法,アルペジオ,ピアノ曲の仕上げ方,打鍵法

大洋

ポーランド出身のロマン派を代表する作曲家、フレデリック・フランソワ・ショパン(1810-1849)は、ピアノの詩人と言われているだけあって、ピアノ作品を多く残しました。

エチュード(練習曲)と言うと、「なんでやらなきゃいけ ...

ピアノ奏法,楽譜の読み方,イメージの持ち方,ピアノ曲の仕上げ方,打鍵法

ロマン派の作曲家メンデルスゾーン

ロマン派を代表する作曲家の1人、ヤーコプ・ルートヴィヒ・フェーリクス・メンデルスゾーン・バルトルディ(1809-1847)。メンデルスゾーンはドイツの作曲家であり指揮者であり、そしてピアニスト・オルガニストでした。

メンデ ...

ピアノ奏法,イメージの持ち方,ピアノ曲の仕上げ方,打鍵法,スラー/レガート

ベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第17番」テンペスト第1楽章から

作曲家三大Bと言えば、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(Bach)にルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Beethoven)に、ヨハネス・ブラームス(Brahms)。

三大Bと言うだけあって、お三方とも偉大な作曲家です。

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方,呼吸,打鍵法,ペダルの踏み方

ショパン「ノクターン第13番」から

ピアノの詩人と言われているポーランド出身の作曲家でピアニスト、フレデリック・フランソワ・ショパン(1810-1849)。

ショパンはピアノのための作品を多く残しました。
ショパンの作品は、ワルツ・エチュード・マズル ...

ピアノ奏法,打鍵法

フォルテ記号

あなたはピアノでフォルテ(f)を弾く時、どんな風に弾いているでしょうか?

フォルテの意味は「強く」ですが、単純に音を「強く」弾けば良いのかなぁ?
強い音にもいろいろあるんじゃないかしら?

フォルテは「強 ...

ピアノ奏法,楽譜の読み方,音階・半音階,ピアノ曲の仕上げ方,打鍵法,スラー/レガート

もやっと

どんな曲と向き合う時も、譜読みに苦労し、技術が足りないと嘆きながら練習を積む。

たくさん練習を重ねた後に、ようやく「こんな感じの音楽かな?」というのが見えてきたり、理解できないフレーズにモヤモヤさせられたりしませんか?

ピアノ奏法,イメージの持ち方,ピアノ曲の仕上げ方,打鍵法

ポンセ「間奏曲第1番」

ピアノを弾くのは本当に幸せで楽しいことですよね。

長くピアノを弾いていくと、大好きな作曲家の作品に没頭する時期もあれば、ふと、それまで一度も触れたことのない作曲家の作品も弾いてみたいな、と思う事もあるでしょう。

ピアノ奏法,打鍵法

ピアノを弾くって、奥が深いですよね。

楽譜を読むところから始まって、どんな風に表現していくのか?
技術をどう克服するのかなど、問題は山積みです。

そんな中で、一番後回しになりやすいのが「打鍵の仕方」かも ...

ピアノ奏法,打鍵法

アクセントの記号(>)を見ると、つい強気に出てしまいませんか?

アクセントとは「その音を強く」という意味だと習ったでしょう。
「その音を強く」と言っても、果たしてそれはどのくらいの強さなのかなぁ?と考え始めたら弾け ...

ピアノ奏法,楽譜の読み方,打鍵法

憧れる曲はとめどもなく目の前に現れる。

その時にすごく恋い焦がれる曲だったり、頑張れば手が届くかもしれない曲と向き合うことになるでしょうか。

はじめはそれが嬉しくて、ガムシャラに頑張るでしょう。
それが ...