打鍵法,ピアノ奏法,イメージの持ち方,ピアノ曲の仕上げ方

ポンセ「間奏曲第1番」

ピアノを弾くのは本当に幸せで楽しいことですよね。

長くピアノを弾いていくと、大好きな作曲家の作品に没頭する時期もあれば、ふと、それまで一度も触れたことのない作曲家の作品も弾いてみたいな、と思う事もあるでしょう。

ピアノ奏法,打鍵法

ピアノを弾くって、奥が深いですよね。

楽譜を読むところから始まって、どんな風に表現していくのか?
技術をどう克服するのかなど、問題は山積みです。

そんな中で、一番後回しになりやすいのが「打鍵の仕方」かも ...

打鍵法,ピアノ奏法

アクセントの記号(>)を見ると、つい強気に出てしまいませんか?

アクセントとは「その音を強く」という意味だと習ったでしょう。
「その音を強く」と言っても、果たしてそれはどのくらいの強さなのかなぁ?と考え始めたら弾け ...

楽譜の読み方,打鍵法,ピアノ奏法

憧れる曲はとめどもなく目の前に現れる。

その時にすごく恋い焦がれる曲だったり、頑張れば手が届くかもしれない曲と向き合うことになるでしょうか。

はじめはそれが嬉しくて、ガムシャラに頑張るでしょう。
それが ...

楽譜の読み方,ピアノ曲の仕上げ方,打鍵法,ピアノ奏法

ドビュッシー「アラベスク第2番」から

スタッカートが書かれているから短くはねる?

同じフレーズが繰り返されているから、あ!カンタン?

そうね、そんなに難しい事ではないかもしれません。で
もね、もしかしたら思い込みに支配されていないかしら? ...

オクターブ,ピアノ曲の仕上げ方,打鍵法,ピアノ奏法

ピアノを愛する人達にとって、決して外すことが出来ない作曲家の筆頭にあがるのが、ショパンではないでしょうか?

もちろん、他の作曲家だって素晴らしいし、ステキな作品をたくさん生み出しましたよね。それでも、老若男女問わず、国を問 ...

打鍵法,スラー/レガート,ピアノ奏法

2つの前後の音に付けられるスラーは、よく出てきます。
あなたも無意識下のうちにも、いっぱい見てきたでしょう。
2つの音に付けられたスラーは、もはやピアノを弾く上で、大して難しいことではないかもしれませんね。 ...

打鍵法,スラー/レガート,ピアノ奏法

スラーとスタッカート、それは日常的によく見ているもの。

そう、スラーとスタッカートは、ピアノに限らず音楽の勉強(演奏法)を始めると、普通に出てくる演奏法。
誰もが知る、一見なんてことない奏法かもしれません。 ...

打鍵法,ピアノ奏法

ショパンと言えば、ピアノを愛する人達に圧倒的な人気のあるポーランドの作曲家。

1810年に生まれ、1849年に亡くなったフレデリック・フランソワ・ショパンは、「ピアノの詩人」と言われるにふさわしく、ピアノのための作品を多く ...