正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

ピアノ奏法

ピアノで同じ音がレガートで続く時に気をつけたいコツと保持音を聴き続ける方法

ピアノを弾くのは楽しいよね。大好きな曲を一生懸命練習して、少しずつでも弾けるようになっていく自分の変化を認められるのは喜びだもの。 さぁ、一生懸命頑張って弾けるようになるピアノ。せっかくだもの、ちょっとした事に気をつけて …

ピアノで推進力を出すために大事な事と覚えにくい音の動きを覚えるコツ

ピアノに限らず、音楽は前へ進んで行くもの。伸ばす音(伸びる音)であっても、今ココの時点で留まるのではなく、必ず前へ音のエネルギーは向かっていくものです。 そうは言っても、なんだか推進力が足りないような気がする事はありませ …

ピアノの練習をしない練習法、教えます!

ピアノを弾く事・ピアノに触れる事を愛してやまないあなたも私も、いつも思うように練習出来るわけじゃないですよね。本番が近いからと言って、必ず練習時間を確保出来ない場合だってあります。 ピアノに触れて指を動かして奏でる事だけ …

ピアノで複数の音のラインを同時に聴き続ける方法

ピアノは大好きなんだけど、時々、「メロディと伴奏」というパターンでは出来ていない曲があるでしょ?あれ、わっかんないんだよね〰、あれ、なんだろね?どうしたらいいんだろう?って頭こんがらがっちゃうの。 って思っているあなた。 …

ピアノで脱力!腕の力が抜けている状態を知ってオクターブ・トレモロや跳躍もラクに弾こう!

どんなに気をつけてピアノを弾いていても、だんだん腕がしびれてくるような、重くなってくるような、大根おろしをやっちゃった後みたいな、そんな感覚になってしまう事はありませんか? 今日は、腕の力を抜けている状態を知って、程よく …

ピアノで曲を「感じる」3つのポイントとテンポを上げていく時に大事な2つの事

ピアノを弾くのは好きなのだけれど、時々「どう弾いたら良いかわからない」とか「何をどう感じたら良いのかわからない」なんていう事はありませんか? 私達は普段から、無意識のうちに様々なことを感じているでしょう。でも無意識だった …

ピアノでオクターブが届かなくても出来る事はある!オクターブでの音階を弾く時のコツ

ピアノを弾いていくと、次第に和音が増え、それがオクターブへと広がっていきます。しかし身体が成長しても手が大きくなっても、オクターブが届かないことも。(逆もあります。手は小さくてもオクターブが届く人もいっぱいいます) さて …

【ピアノ】 持ち曲として維持するには?過去曲を復活させる方法

もうね、日々数え切れないほどの時間と熱意を費やして練習を積み重ねているというのに、ピアノに向かっていると言うのに、せっかく仕上げられた曲を、持ち曲として維持するのが難しいのでしょう? どうして、過去のものとなった曲を復活 …

意識して自分が発する音を聴く!ピアノ上達のコツ

ピアノを弾く人たちにとっての1番の問題は何だと思いますか? それは、自分が出す音を「聴く」こと。ピアノは鍵盤を打鍵すれば発音します。音程も、調律されているピアノでは自分で(弾きながら)変える事は出来ませんから、音への意識 …

ピアノで息の長い演奏をする方法とは?ピアノで呼吸のコントロールをするコツ

ピアノを弾くとは、楽譜が読めて指がある程度動くなら難しくないんじゃ?とピアノを弾かない人は思うかもしれません。そして、ピアノを弾くあなたも、楽譜を見た感じ「うん、いけそう!」と思ったハズなのに、いざ取り組んでみると「はて …

« 1 2 3 51 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.