正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

ピアノ奏法

ピアノ上達の3つのコツ!音の方向は素直に捉えろ!

長いフレーズは、その中で音の向かい方を小さく自然に捉えていくと「大きな流れ」が生まれます。 ピアノを弾く上で忘れてほしくないポイントの1つが「フレーズのとり方」、言い換えれば「グルーピング」。フレーズ/グルーピングをどう …

ピアノで弾くアルペジオは親指が!オクターブの動きはエキスパンダーがポイント!

ピアノでアルペジオを弾くと、うまく弾けない事が多くありませんか? アルペジオだけではありません。オクターブの動きもなんて弾きにくいのでしょうか。そんな弾きにくいアルペジオやオクターブでの動きも、どうして弾きにくいのか原因 …

ピアノで和音続きのレガートやスラーの変わり目で気をつけるポイント

レガートで弾くとは、今弾いている音と次に弾く音をつなげて弾くということ。でもピアノで弾くレガートは意外と難しい。つなげて弾いているつもりでも、つながっているようには聴こえなかったり切れちゃったりね。 大好きな人と手をつな …

ピアノでペダルに頼らずオクターブをレガートで弾く方法

手が小さい人のみならず、手の大きさが普通でも大きくても、ピアノでオクターブをきれいに弾くのは、そんなにやさしい事ではありません。そうね、オクターブをつかんで弾くだけの場合と、オクターブで動きがあるのではまた違いますよね。 …

ピアノで同音連打の弾き方のコツ

同音連打ってねぇ、ピアノで弾きにくいものの5本指に入っちゃうかもしれませんね。 自分の手なのに、自分の指なのに、どうして思うように動いてくれないんだろう? 今日は、ピアノで弾く同音連打を少しでもラクにするコツについて考え …

ピアノで和音の連打を音楽的に弾く方法

ピアノを弾く上で、いくつかの音を同時に打鍵する「和音」というのは、美しい響きを放つもの。しかし、弾きにくさを覚えたり、打鍵にばらつきが出たり、またバランスを考える上でもやさしくはないのが和音かもしれませんね。 今日はそん …

ピアノで和音を音楽的に弾くポイント

ピアノを弾くのは大好きだけれど、うまくいかない(弾きにくい)フレーズなど難儀なものはいろいろあるでしょう。このところレッスンやお話などで「和音」のことにお困りの方が多いようなの。何だかシンクロしています。 というわけで、 …

どう弾いていいかわからない時に頭を使うピアノ練習法

「こういう感情を表したい」とかいう事を、最初から最後まで全て意識しているのでしょうか?というご質問をいただきました。 そうね、ピアノを弾く時、イメージすること・イメージを深めることなど、音に(音楽に)自分の感情を重ねるの …

ピアノで16分音符や速いパッセージを脱力と呼吸で弾きやすくする2つのポイントとは?

ピアノを弾いている時に、弾きにくいなぁと感じるポイントはいろいろあるでしょう。その中で、あなたが弾きにくいと感じる中に、16分音符などの速いパッセージはありませんか? そんな時、あなたはどうするでしょうか?手が、腕が、体 …

ピアノで音階・半音階を美しく弾くコツとユニゾンで音階を美しく弾くポイント

ピアノに関わっていると、音階を避けて通る事は出来ないと気づくでしょう。 音階は、書いて字の如く音の階段。隣り合う音を上がっていったり降りていったり。それは一見簡単そうだけれど、簡単に弾けてしまう事には落とし穴がある事に気 …

« 1 2 3 51 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.