正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

ピアノ奏法

音楽的になる指遣い・ポジションを考えよう

あなたは普段ピアノを弾く時、はじめての曲と向き合う時、指遣いや手のポジションをどうやって決めているでしょうか? 一見難しいという印象を受けないフレーズで、考えることなしにさらっと弾けそうな気がしても、実はちょっと考えた方 …

聴くべき所はどこにあるのか?自分の中で明確にするとバランスが良くなる!

ピアノを弾く時、その曲の事をよくわかっていると思っていても、実はあまりよく理解出来ていないままに弾いてしまうのは、ありがちな事です。 歌がどうあるのかわかっているはずなのに、何だかすっきりしない・きれいじゃないような気が …

欲しい音を出す方法

あなたにはピアノを弾く時、欲しい音があるでしょう。そのあなたが欲しい音を、あなたはどうやって出していますか?思うような音を出せていますか? 思うように欲しい音が出る時もあれば出ない時もある。出たらラッキー?そんな行き当た …

楽譜の読み方を知っておこう!音符のつなぎ方を読むと歌の動きがわかる!

ピアノを弾くにあたり(特にクラシックの場合)、楽譜はとても重要です。耳コピなら話は別ですが、この記事を読みに来ているあなたは耳コピをしたいわけではないでしょう。楽譜が重要なのは、まずは楽譜を読まねば何も始まらない事を、あ …

音楽の三段階活用を覚えると表現力が豊かになる!

ピアノでいろいろな作品を弾いていると、「あ!さっきも似たところがあった!」とか「あ、ほぼ繰り返しじゃない?」などと嬉しく思う事はありませんか? よく似たフレーズが出てくると、一種の復習感に安心するのか譜読みがラクでスイス …

16分音符のオシリまで聴くために、声を出すことのススメ!

ピアノを弾く時、16分音符や32分音符などの速い音のフレーズは、弾くだけで大変だと感じてしまいますよね。指を動かすことだけに神経がいってしまっていませんか?でも、そんな速い音こそ、音のオシリまで聴き届けてあげたいもの。 …

アーティキュレーションが変化する意味を考えてみる

アーティキュレーションとは、音と音の繋がりがどうあるのか?という関係を示す記号。 例えば「どれみ」という音の流れがあったとします。その時、その「どれみ」の3音には音をつなげて弾く「スラー」が付いているのか音を切って弾く「 …

伝えたい事の重要度を考えて最後まで気を抜かないために大事な事

ピアノを弾くために楽譜を見る(読む)と、そこにはたくさんの情報があります。それらの情報を全て正しく読み取って演奏に反映させるのはやさしい事ではないんですよね。 そして、あなたが自分の音楽を作っていく上で、これは大事だなぁ …

ピアニシモでビビらない方法とピアノの中で聴きたい音の出し方

曲の始まりや終わりがピアニシモ(pp)だと、ついビビってしまって体は縮こまるわ音は出なかったりかすれたり。何だかうまく弾けない。そう感じることはやりませんか? そんなピアニシモを、ピアノでどう弾いたらいいのか?また、ピア …

どう弾きたいのかで弾き方は変わる

ピアノの弾き方と言ってもいろいろな弾き方があります。ピアノの奏法は1つではない。でも「いろいろな弾き方がある」事を教えてくれる先生は、街のピアノ教室にはなかなかいません。あなたがこの記事を読んでいるのは「ピアノの弾き方」 …

« 1 2 3 53 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.