正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

ピアノ奏法

ピアノを弾く上でのスタッカートの意味を読み取る方法

音符の丸の上か下に付けられる「・」=スタッカートを見ると、とっさにジャンプするかのようにピアノを弾いてしまいませんか? フォルテやクレッシェンドの記号を見た瞬間に頑張って弾いてしまったり強くしてしまうように、スタッカート …

拍を知り休符の意味を考えるとピアノに推進力が生まれる!

あなたはピアノを弾いていて、拍を気にすることはあるでしょうか? 今弾いているその音は、何拍目なのか?や、その音はどこへ向かっているのか?そして、何故そこに休符があるんだろう?という事を考えていくと、音をなぞり弾きしている …

ピアノで16分音符のオシリまで聴くために声を出すことのススメ!

ピアノを弾く時、16分音符や32分音符などの速い音のフレーズは、弾くだけで大変だと感じてしまいますよね。指を動かすことだけに神経がいってしまっていませんか?でも、そんな速い音こそ、音のオシリまで聴き届けてあげたいもの。 …

ピアノの表現力を上げるコツ!ペダルと離鍵を考える

ピアノを弾く時に多くの人が考えるのが「打鍵の仕方」ではないでしょうか?何故なら打鍵の仕方によって出てくる響きが・音色が変わるから。 ピアノは打鍵したら終わりだと無意識の中で思っているのかもしれません。打鍵してしまえばピア …

どこに向かっていくのかを知り、ピアノでアルペジオ・フレーズを弾きやすくするコツ

ピアノを弾いているうちに、どこに向かっているのか・何をどう歌いたいのか、わからなくことはありませんか? 何をしたらいいのかわからなくなるのを、どうしたら防げるのか。どうしたら理解できるのでしょうか? スポンサーリンク ‌

ピアノで両手オクターブ・フレーズをラクに弾く方法

ピアノを弾く上で難儀なことはいろいろ。そんな中でも、オクターブが続くフレーズは手の大小に関わらず大変だと感じられるものの一つでしょう。それがましてや両手でのオクターブ・フレーズとなれば、弾き方を間違えたら体がバリバリにな …

ピアノで伸ばす音でクレッシェンドする方法

長く伸ばす音なのに「クレッシェンドしなさい」という、ピアノでは有り得なそうな指令が出されている事があります。ピアノは、打鍵した瞬間から音は減衰していきますよねぇ。 弦楽器ならボーイングで、管楽器や歌なら、呼吸のコントロー …

ピアノでオクターブを越えるアルペジオの練習法

ピアノを弾く上で弾きにくいものに、和音を崩して弾く分散和音=アルペジオがあります。そのアルペジオもオクターブを超え、例えば2オクターブや3オクターブといった音域を使ってのアルペジオになると、その弾きにくさや音を外す頻度は …

ピアノで譜読みが早くなるコツ

ピアノは譜読みが最初で最大の難関とも言えるようです。ではどうしたら譜読みが早くなるんだろう?譜読みのコツって何だろう? 今日はそんな、ピアノで譜読みが早くなるコツのお話です。 スポンサーリンク ‌

効果的にクライマックスへ持っていく方法

曲には大なり小なり、様々な「クライマックス」が存在します。それをいかにピアノで「わかりやすく」聴かせるには、どうしたら良いでしょうか? ピアノの演奏で、クライマックスをわかりやすく聴かせる・伝えるには「聴こえ方のトリック …

« 1 2 3 4 52 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.