ピアノ奏法,イメージの持ち方,ピアノ曲の仕上げ方,打鍵法,スラー/レガート

ベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第17番」テンペスト第1楽章から

作曲家三大Bと言えば、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(Bach)にルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Beethoven)に、ヨハネス・ブラームス(Brahms)。

三大Bと言うだけあって、お三方とも偉大な作曲家です。実 ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方,呼吸,打鍵法,ペダルの踏み方

ショパン「ノクターン第13番」から

ピアノの詩人と言われているポーランド出身の作曲家でピアニスト、フレデリック・フランソワ・ショパン(1810-1849)。

ショパンはピアノのための作品を多く残しました。ショパンの作品は、ワルツ・エチュード・マズルカ・ノクタ ...

ピアノ奏法,楽譜の読み方

ラヴェル「プレリュード」

短くて音が少ない曲だって、長くて音が多い曲でも、楽譜の読み方は同じ。気をつけていくことにも変わりはありません。ラヴェル作曲「プレリュード」を題材に、楽譜を読むポイントやちょっとした弾き方のコツをお話します。

ピアノ奏法,楽譜の読み方,ピアノ曲の仕上げ方,呼吸

お人形

とっても楽しい曲、大好きな曲をピアノで弾くのは、心が浮足立つような幸せな時間です。

音にするだけで、ウキウキしてしまう感覚は不思議ですよね。でも、自己満足で終わっていないかなぁ?もしかしたら、いろんな事を勘違いしたり間違え ...

ピアノ奏法,楽譜の読み方,ピアノ曲の仕上げ方

雪の日のソリのベル

私が子供の頃にはお目にかかる機会がなかったアメリカの作曲家、それがウィリアム・ギロックさま。

ギロックさまとは、1917年生まれで1993年に亡くなった、アメリカの音楽教育家で作曲家のこと。

ギロックのピアノの ...

ピアノ奏法,打鍵法

フォルテ記号

あなたはピアノでフォルテ(f)を弾く時、どんな風に弾いているでしょうか?

フォルテの意味は「強く」ですが、単純に音を「強く」弾けば良いのかなぁ?強い音にもいろいろあるんじゃないかしら?

フォルテは「強い」ではな ...

ピアノ奏法,脱力

あなたはピアノをどんな風に弾きたいのでしょうか?

どんな音を出したいのかな?どうやって、欲しい音を出すために体を使って行ったらいいのだろう?って考えたことはあるでしょうか。そしてその時、あなたの呼吸はどうなっているのでしょ ...

ピアノ奏法,脱力

先日のレッスンで共通したポイントが幾つかありました。この記事は以前書いたものですが、今この話があてはまる方が多そうなので、少し手を加えて更新します。

ピアノで脱力は永遠の課題のよう。でもね、脱力と一言で言っても、全てを脱力 ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

ピアノの詩人とも呼ばれる作曲家ショパン。

ショパンが生み出したピアノ作品は、多くが今も世界中で愛されています。なんと行ってもショパンの母国ポーランドでは、5年に一度、世界的ピアニストの登竜門と言われてきたショパン・コンクー ...

ピアノ奏法

音を聴く

ピアノを弾く上で、きっと一番難しいのが「自分の出す音を聴く・聴き続けること」でしょう。

多くのピアノ弾きさんは「聴いている」と思っています。うん、きっと「聞こえている」んですよ。でも「聴いている」のとは違うんですよね。「聞 ...