正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

ピアノ奏法

水風船のヨーヨーの様に、手首を使う

● 水風船のヨーヨーの様に、手首を使う   難しいのは左手。 左手だけを取り出してみれば、全てが8分音符のスタッカートなので、シンプルです。   しかし、右手と左手で逆の動きをするのは、易しい事ではあ …

上達のコツ

● 上達のコツはたくさんあるけれど、まずはコレ。 photo by Marco Bellucci   それは、あなたの「疑問点」を見つけてレッスンを受ける事です。   ・ここはキレイに繋げて弾きたいの …

内声は、水中に入って行くように

● 内声は、水中に入って行くように   これは、メインのメロディは内声です。   冷静になれば、内声が歌だ、と わかるのに、実際に鍵盤と向き合うと、歌はどこへ?   どこかへ消えてしまう原因 …

【ピアノ奏法】保持音を聴き続ける

ピアノを弾くコツ@保持音を聴き続ける   「保持音」、左手です。 左手の各小節第1柏の2分音符。   でも、この画像のパターン、2拍維持するのは、思いの外 大変です。 このパターンは、よく出てきますね …

曲の風景を見てみよう!

● 曲の風景を見てみよう!   一つの曲をまとめあげるには、たくさん大変な事がありますよね。 譜読みにしろ、リズムにしろ、指が言う事きかないとか慣れないとか。   それらを時間をかけて克服できた時に、 …

全ては最後まで聴き届ける事に、意味がある

● 全ては最後まで聴き届ける事に、意味がある   演奏する事において、一番大事なことは何だろうか?   それは  最後の最後まで、音の行方の全てを聴き届ける事にある。 今週の生徒達のレッスンでは、それ …

伸ばす音符、一体どのくらい「待てば」いいの?

●伸ばす音符、一体どのくらい「待てば」いいの? 「待つ」って思うのを、やめてみようか。   この画像で問題なのは、「フェルマータが付いている付点4分音符」です。   フェルマータが付いていなくても、そ …

【動画で説明】ピアノで6連符の練習法

ピアノを弾いていると、様々な弾きにくいと感じるものに出逢います。 今日はそんな中で、1拍を常に6連符で弾くフレーズについての捉え方や練習法について考えてみましょう。 スポンサーリンク ‌

音のバランス**出す音/出さない音

● 音のバランス**出す音/出さない音   「出す音」「出さない音」と書きましたが、 「出さない音」 イコール、「音を鳴らさないこと」 ではありません。 楽譜に書かれている事に忠実に。    というの …

鍵盤に指紋をつけていく感じ

● 鍵盤に指紋をつけていく感じ   先日のメルマガで、「指先の”点”と”面(腹)”」での弾き分けについて、少し書きました。 そうしたら、東京レッスンのリピーターさんからメッセージが寄せられました。 丁度、前回の …

« 1 50 51 52 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.