ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

ドビュッシー「ラモーを讃えて」

「ラモーへのオマージュ」、「ラモーを讃えて」とか「ラモー礼讃」とか訳されることもあるこの曲は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシーによる「映像第1集」の第2曲として作られました。

フランスの代表的なバロック音楽の作曲家「 ...

ピアノ奏法,打鍵法

アクセントの記号(>)を見ると、つい強気に出てしまいませんか?

アクセントとは「その音を強く」という意味だと習ったでしょう。「その音を強く」と言っても、果たしてそれはどのくらいの強さなのかなぁ?と考え始めたら弾けなくなって ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

ショパン「バラード第1番」

世界中のピアノ弾きに愛されている作曲家と言えば、文句なしにショパンが筆頭に上がるのではないでしょうか。

ポーランド出身の作曲家で「ピアノの詩人」とも呼ばれているフレデリック・ショパン(1810-1849)。ショパンの作品に ...

ピアノ奏法

響きを聴く

あなたがピアノを弾く時、気をつけていること・気をつけようと思っていることはいろいろあるでしょう。

逆に言えば、ピアノを弾くには、様々なことに気をつけなければいけませんよね。ピアノを弾くのは、なっかなか大変なことです。

ピアノ奏法

あなたはピアノで「歌うこと」と「奏法」は別のものだと考えていますか?

「ピアノの奏法」は「技術」だとすれば、「歌うこと」とは別かもしれません。

でもね、目の前の作品を弾くために必要な技術がなければ、実際に弾く事 ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

リスト「森のざわめき」

ピアノは楽器の王様、一人で弾くオーケストラだなんて言われることもありますが、ピアノのために作られた曲は数え切れないほどありますよね。

自分の人生の中で、一体どれほどの作品と出会う事が出来るのか?って考えたら、すごく気が遠く ...

ピアノ奏法,楽譜の読み方,打鍵法

憧れる曲はとめどもなく目の前に現れる。

その時にすごく恋い焦がれる曲だったり、頑張れば手が届くかもしれない曲と向き合うことになるでしょうか。

はじめはそれが嬉しくて、ガムシャラに頑張るでしょう。それが次第に譜読 ...

ピアノ奏法

作曲家ウェーバー

子供の頃、先生から与えられる曲に、いつもワクワクしていました。

小学生時代に師事していた先生は、タイトルのついた様々な曲をいっぱい与えてくれたのです。

そんな中に、ウェーバー作曲の「舞踏への勧誘」がありました。 ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

作曲家フランツ・リスト

ピアノの魔術師とも言われる作曲家のフランツ・リストさま。

その容貌から、たくさんの貴婦人方を虜にした、リストのリサイタルは現在のアイドルのコンサートのごとく、ご婦人方のキャーキャー言う声で埋め尽くされ、失神する人まで居たと ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

作曲家フランツ・シューベルト

シューベルトはお好き?

ベートーヴェンやショパンに押されてちょっと影の薄い感じがするシューベルトさま。

えぇ、私にとっても子供の頃から特に好きというわけでも・・・という存在でした(ごめんなさい)。

...