ピアノ奏法

そう、ピアノにはいろんな音色があります。
単純に「ピアノの音」というだけではありません。

「あのピアニストは多彩な音色を持っている」とか、
「あの人の音は鮮やかだよね」などと言うのを聞いたことはありませんか ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

メンデルスゾーン「スコットランド・ソナタ」第3楽章

フェリックス・メンデルスゾーン(1809-1847)作曲の「スコットランド・ソナタ」Op.28は、3つの楽章から成っています。

日本では「スコットランド・ソナタ」という曲名で有名ですが、原題は「ファンタジー」。
こ ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

メンデルスゾーン「スコットランド・ソナタ」第2楽章

メンデルスゾーンのピアノ曲「スコットランド・ソナタ」の名で親しまれている「ファンタジー」Op.28は、3つの楽章から成っています。

今日は、その第2楽章を仕上げるための練習ポイントを教えちゃいます! どんな事に気をつけたら ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

メンデルスゾーン「スコットランド・ソナタ」第1楽章

日本では「スコットランド・ソナタ」の名で知られているメンデルスゾーン(1809-1847)の「ファンタジー」作品28は、1833年に作曲されました。

【幻想曲 嬰ヘ短調「スコットランド風ソナタ」Op.28】と言うのが日本的 ...

ピアノ奏法,呼吸

呼吸しよう!

ピアノを弾くって、本当に素敵!とっても幸せで楽しい時間ですよね。

でもね、楽しい気持ちだけでは弾けないの。なんだかちょっと大変なフレーズになると、弾ききれなくて、苦しくなって、気づいたら肩が上がってて、あれ?私、息止まって ...

ピアノ奏法,イメージの持ち方

あなたはピアノを弾いている時に楽譜に休符を見ると、何を思うでしょうか?
何か感じる?休符の前の音がスタッカートだったら休符は感じやすいかしら?

フレーズが続く中、休符がない場合はどう?
どこで間(ま)を感じ ...

ピアノ奏法,ピアノ曲の仕上げ方

ショパン「スケルツォ第1番」

ピアノの詩人と呼ばれるポーランド出身の作曲家でピアニストのフレデリック・ショパン(1810-1849)。
ショパンはピアノのためのたくさんの作品を生み出しました。

ショパンは、ワルツ・マズルカ・即興曲・バラード・ス ...

ピアノ奏法,打鍵法

ピアノを弾くって、奥が深いですよね。

楽譜を読むところから始まって、どんな風に表現していくのか?
技術をどう克服するのかなど、問題は山積みです。

そんな中で、一番後回しになりやすいのが「打鍵の仕方」かも ...

ピアノ奏法,楽譜の読み方

ピアノを弾いていると、

音を読むのは難しくないし
弾くのも技術的にそう難しくはない気がする

それなのに、どう表現していいかわからなくなる時はありませんか?

気持ちよく音は降りてきたのに、あれ?なんで ...

ピアノ奏法

あなたはピアノを弾いていて、何拍子の曲を弾いているのか、わからなくなることはありませんか?

あるいは「何拍子の曲を弾いているか、わかってる?」などと先生に聞かれて、ハッとした経験はないかしら。

拍子を理解してい ...