正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

音階・半音階

ピアノで音階・半音階を美しく弾くコツとユニゾンで音階を美しく弾くポイント

ピアノに関わっていると、音階を避けて通る事は出来ないと気づくでしょう。 音階は、書いて字の如く音の階段。隣り合う音を上がっていったり降りていったり。それは一見簡単そうだけれど、簡単に弾けてしまう事には落とし穴がある事に気 …

ピアノで弾きやすい所や装飾音が入る所での危険を回避する方法

ピアノを弾いていると、もはやどんなフレーズが弾きやすくて、どんなフレーズやシチュエーションが弾きにくいのか、わからなくなるかのように頭が混乱してしまうことはありませんか? さぁ。そんな、モヤモヤするフレーズを、あなたは放 …

クレッシェンドでバランスをとる方法と両手ユニゾンで気をつけるポイント

クレッシェンドとは「だんだん強く」という意味。楽譜にクレッシェンドが書かれていたら、あなたはどうしますか?えぇ、きっと「だんだん強く」演奏するでしょう。それはそんなに難しいことではなさそうですよね。 簡単そうなクレッシェ …

ピアノで音階を音楽にする方法

音階ってさぁ、音が一個ずつ上がって降りてきてぇ〜。。。いつも先生に「ほらそこ指遣いが違うから弾けてない!」とか怒られるヤツぅ? いやいや、もしあなたがそう思っているとか、思っていたとか、そのお気持ちはよくわかりますよ。う …

ピアノで半音階は何を表しているのか?音階練習は何故大事なのか?

ピアノの学習を始めると、音階練習や半音階練習を課せられる時がやってきます。そしてそれは1度やれば良いというものではなく、必要あらば?折りに触れ?ピアノ人生の中で何度も練習の機会は訪れる。 でも、音階練習って一体何に役立つ …

ピアノでオクターブが届かなくても出来る事はある!オクターブでの音階を弾く時のコツ

ピアノを弾いていくと、次第に和音が増え、それがオクターブへと広がっていきます。しかし身体が成長しても手が大きくなっても、オクターブが届かないことも。(逆もあります。手は小さくてもオクターブが届く人もいっぱいいます) さて …

音階もアルペジオもピアノでラクに弾く方法はグルーピングだ!

ピアノを弾く上で、弾きにくさを感じるものに音階やアルペジオや重音が続くフレーズなどがあるでよう。それら全てがピアノを弾くなら避けて通れないもの。ピアノのための作品は、音階とアルペジオと重音の進行で出来ているようなものです …

ピアノで音階を音楽的に弾く方法と、聴きたい音の聴き方

あなたはピアノで音階を弾く時に、「音楽的に弾こう」と思った事があるでしょうか? 聴かせたいラインがあるのに、トレモロが入ったりすると右手と左手は合っているのかどうかもわからなくなったり、しませんか?そのうち、あなたは「合 …

ピアノを弾く時の窮屈感と音階ユニゾンで気を付けるべき事

ピアノを弾いている時に、何だか窮屈だなぁと感じる事はありませんか?どちらか一方の手が自分の体の前(中音域)で弾いている時や、手を交叉させる時などに窮屈だとか、弾きにくいと感じるようです。 また、両手で音階を同じ動きで弾く …

長い音階フレーズは、指遣いと打鍵が要

● 長い音階フレーズは、指遣いと打鍵が要   曲の中には、よく、音階フレーズや アルペジオのフレーズが登場します。 あ〜、この曲、音階が多くてね・・ アルペジオが多くてね・・・ 和音が続くの苦手でね・・・ よく …

1 2 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.