演奏のための心の持ち方

人は常に何かを思考しています。

「今日はあそこのスーパーに行って、トマトとネギを買うのを忘れないように」
と思った次の瞬間には「洗濯物干さなきゃ」と思ったり

「あぁ、お湯を沸かしておかなきゃ」と思ったり ...

演奏のための心の持ち方

私には無理!出来ない!って思って諦めてること、蓋をしていることはありませんか?

それなら今、あなた自身にこうつぶやいてみて下さい。

「わたしに出来ないことなど、ない!」って。

それを言った瞬間、あな ...

演奏のための心の持ち方

朝起きたらなんだかもやもや・・・どよ〜んとしている。なんでだろう?あ!もしかして寝る前に心配事を考えていたからかしら?あらやだ、それを思い出したらもっと気持ちが塞いできたわ・・・

そんな風に感じてどんどん落ち込み、気付いた ...

演奏のための心の持ち方

どんなにポジティブな人だって、ネガティブにならない時がないわけじゃない。

ネガティブ思考だからって、人生終わりじゃないよ。
何でも考え方一つ・ものの見方一つで、同じものを見ていても、「見え方」は変わってきます。

演奏のための心の持ち方

どんなに練習をていねいに積み重ねてきても、どんなに出来る限りの事をやってきても、どうして本番が目の前にやってくると、心が不安でいっぱいになっちゃうのでしょうか?

もちろん、中には本番が全然怖くないという強靭な精神を持ってい ...

演奏のための心の持ち方

赤坂迎賓館

昨日ね、久しぶりにちょっと嬉しいことがありました。

Twitterでつぶやいたのですが…

今日の収穫。
30代の頃、必死に練習したのに手の内に入ってこなかった曲に、
およそ20年ぶり ...

演奏のための心の持ち方

ポジティブ思考の人でも、いつもポジティブでいられるわけじゃない。その必要もないけどね。

ネガティブ思考の人は、頑張って何かをやろうとしても、不安に襲われて「私なんか」とか「どうせ…」と思ってしまう。

演奏のための心の持ち方

どんなに頑張ってやっても、日々努力を積み重ねていても、意外と簡単に心は崩れやすいもの。

あなたはそんな経験ありませんか?

もうね、めっちゃ頑張ってつらい地道な練習を積み重ねてきたのに、先生からも「いいよ!」と言 ...

演奏のための心の持ち方

ピアノを弾くことが大好き!なら、少しでも上達したいと思うでしょう。

上達するために、今よりも少しでも前進するために、あなたは何をしているでしょうか?

ひたすら練習あるのみ?

いや、上達したいからレッ ...

演奏のための心の持ち方

ある日の空

どんなに一生懸命練習を重ねても、本番では予想もしなかった失敗をしたりする。

ちゃんと弾けてたのに、なぜか自分でコントロールできなくなったり、指が勝手な動きをしてしまうのはどうしてかしら?

あなたはそんな経験はあ ...