正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

音楽書

ドビュッシーの音楽における生と死

本書「ドビュッシーの音楽における生と死」は、フランスの哲学者ヴラディミール・ジャンケレヴィッチ(Vladimir Jankelevitch 1903-1985)の代表的な音楽論の1つ。 ジャンケレヴィッチの音楽論は、伝記 …

ピアニストの筋肉と奏法について理解できればもう辛い弾き方と別れられる!

日々のピアノ練習の中で、弾きにくいとか辛い、あるいは何度練習してもうまく弾けるようにならない、そんな風に感じることはたありませんか? 正しい体の使い方を知るのは難しいことではありません。正しい方法を理解して実践できればと …

伝記「ドビュッシー」について

本日は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシー(1862−1918)の子ども向けの伝記をご紹介しましょう。2018年はドビュッシーの没後100年の記念年なんです。 是非、この機会にもう少しドビュッシーのことを知ってみませ …

ペダルの踏み方ってどうするの?を解消しよう!

ピアノを習っていると、そのうち「ペダル」を踏む(使う)事になります。 ペダル、はて、どうやって踏むのかな?ピアノの弾き方は習っても、ペダルの踏み方までちゃんと習っているでしょうか?ペダルの踏み方も、いろいろあります。細か …

ベートーヴェン、ピアニストとしてのデビューのエピソード

むかし買った本を再読してみました。えぇ、大好きなベートーヴェンさまです。すると、結構早いところでベートーヴェンの「ピアノ協奏曲第2番」の話しが出てきました。 そんなベートーヴェンと、ベートーヴェンのピアニストとしてのデビ …

ドビュッシーの言葉を知ると、表現力が2倍になる!

● ドビュッシーの言葉を知ると、表現力が2倍になる! クロード・ドビュッシー、フランスを代表する作曲家。 1862年8月22日生まれ、1918年3月25日没。 つまり、今年はドビュッシーの没後100年のアニバーサリー・イ …

ラヴェルのピアノ曲

ラヴェルのピアノ曲とは? エレーヌ・ジュルダン=モランジュとヴラド・ペルルミュテールの、ラジオでの対談をまとめられた本です。 作品ごとにまとめられていて、ラヴェルがそれぞれの作品にどんな想いを込めていたのかが、わかります …

サン=サーンス

● カミーユ・サン=サーンス   フランスの作曲家でオルガニスト、ピアニスト。 一般的に有名なのは「動物の謝肉祭」でしょうか。 1835年10月9日生まれ、1921年12月16日没。  あら、ジョン・レノンも、 …

バッハの深く広い愛に触れる

● 「バッハの思い出」   ヨハン・セバスチャン・バッハの二番目の妻となった アンナ・マグダレーナ・バッハが書いた本。 バッハ好きなら読まれた方も多いでしょう。 バッハの深く広い愛に触れることができます。 バッ …

演奏者のためのメンタル・トレーニングとは?

● 演奏者のためのメンタル・トレーニングとは?                   スポーツドクターの辻秀一氏が 「演奏者のための …

1 2 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.