正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

曲の紹介

フォーレ「ドリー組曲」が初演された日(4月30日)

奇しくも?4月30日は、フランスを代表する二人の作曲家の二作品が初演された日….と言っても、世の中に作曲家も作品も数えきれない程あるのですから、そういう日もあるでしょう。 一つはクロード・ドビュッシーの「ペレ …

交響曲の父 ハイドン生誕日

今日3月31日は、ハイドンの誕生日です。フランツ・ヨーゼフ・ハイドンは(1732年3月31日-1809年5月31日)のオーストリアの作曲家です。 「交響曲の父」「弦楽四重奏の父」とも呼ばれるほど、たくさんの交響曲と弦楽四 …

バッハの誕生日を祝して「フランス組曲第4番」アルマンド

今日3月21日は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ様のお誕生日。(ユリウス暦で3月21日。現在の暦では3月31日がお誕生日) ※ ユリウス暦とは: 平均太陽年を365.25日とする太陽暦の一種であり、1年を365日とする年 …

シューマンの誕生日に寄せて

本日6月8日は、ドイツの作曲家ロベルト・シューマンの誕生日。私の大好きな作曲家、シューマンさまのお誕生日に敬意を持って、今日はシューマンの「子供の情景」という作品についてお話しますね。 スポンサーリンク ‌

シマノフスキのピアノ名作「変奏曲」Op.3

あなたはポーランドと言うと、何を思い浮かべますか?ポーランド出身の作曲家と言ったら?ショパン?それともモシュコフスキかしら? えぇ、そうですね。他にもポーランド出身の作曲家さんはいますが、今日はシマノフスキさんとそのピア …

ベートーヴェン、ピアニストとしてのデビューのエピソード

むかし買った本を再読してみました。えぇ、大好きなベートーヴェンさまです。すると、結構早いところでベートーヴェンの「ピアノ協奏曲第2番」の話しが出てきました。 そんなベートーヴェンと、ベートーヴェンのピアニストとしてのデビ …

アニメ「赤毛のアン」の主題歌を覚えていますか?

小さかった頃に大好きだったお話が幾つかあります。「小公女」に「若草物語」「トム・ソーヤの冒険」「三銃士」、そして「赤毛のアン」。 アニメ化されると嬉しい反面、本で(文字で)読んで、その人物像や背景を自分勝手に想像していた …

ドビュッシー作曲「ベルガマスク組曲」について

フランスの作曲家ドビュッシー(1862-1918)作曲「ベルガマスク組曲」(Suite Bergamasque)は、「二つのアラベスク」作曲後の1890年から1905年の間にピアノのために書かれました。 完成まで、実に1 …

メンデルスゾーン作曲「春の歌」

先週の日本は予定(予想?)より大分早くに桜が咲き、そして桜が咲いたのに雪が降るという不思議なお天気でしたね。 春の訪れを喜ぶも突然の寒さに、体もついていくのが大変ですが、桜も目の玉が飛び出るほど驚いていることでしょうね( …

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.