教室に、新しいお仲間(生徒)が二人入りましたよ♪ヨロシクね!

o0800060813057472272
※ 写真は教室で最年少の小1のSちゃんが作ってきてくれたもの♪

 

めまぐるしい日々。伝えたい事はいっぱいあるのですが、追っ付かない!ブログを書けなくても、生徒たち&親御さん達に伝達することを最優先にしています。

さて、体験レッスンが昨日今日と続きましたが、お二人ともその場で入門となりました。感謝でございます。本当に、このご縁に感謝しております。

お二人ともね、共通項がいっぱいありました。それは個人的な事なので、ココには書きませんが・・・一つだけね。

それはね、二人とも、前の日本での先生に、すっごーく愛をいっぱい注がれて育てられたんだな~♡ということ。それは、お二人の演奏を聴かせてもらってヒシヒシと伝わってきました。二人とも、楽譜には先生からの書き込みがびっしりでした。すごいですよ・・・私も結構書きますし、生徒達にも書かせます。

しかしお二人とも、違う先生に師事していらしたと思いますが、理路整然と、丁寧な書き込みがビッシリでした。すごーい!

私は結構感情人間なので、そうはいかないのです。レッスン・ノートも(生徒用のも私自身のためのものも)いつも走り書きなので、後で見ると「なんじゃこれ?」がいっぱいでございます。

スポンサーリンク

二台のピアノがあるから出来るレッスン

新しい方が見えると、ちょっとだけ、ちょっとだけですが、驚かれる事が有ります。(生徒ちゃんに、ね。親御さんじゃなくて。)

それは、教室にピアノが二台あること。グランド・ピアノが二台あるお教室は少なくないと思います。うちは、グランド二台ではありません。私がピアノを習い始めた時から使っている象牙鍵盤のアップライト・ピアノと、香港に来てから買ったグランド・ピアノです。

o0800059813055696584

私は、レッスンをする時には、二台のピアノが横並びであることが理想だと思っています。何故なら、その場で弾いて見せられるから。

実際、日本でのレッスンで二台のピアノがある、というスタジオで出来る時は、本当にレッスンしやすいのです。わかってもらいやすい。

香港教室では二台が横並びではありません。しかし、二台のピアノは活用されています。

「なんで、二つあるのー?」「いつ、使うのー?」と、小さい生徒達は聞きます。うん、それはね、二台で一緒に弾く時に使ってるんだよ。

小さい生徒でも、二台ピアノ用に第二ピアノが作られている作品があれば(ブルクミュラーやツェルニー、バッハの小品集やソナチネなど)、仕上げの時に一緒に弾きます。ちょっと大きな生徒の場合は、二台ピアノ用の作品を取り上げたり、ピアノ協奏曲をやります。これが教室の特徴です。

生徒達全体の発表会では二台ピアノはやりません。しかし、毎年秋に開催する、少人数制でのサロン・コンサートでは、二台ピアノの演奏は必須項目です。

さて、そんなサロン・コンサートでもコンサートにあげなくてもレッスンでも、二台ピアノをレッスンで多くやっていた生徒の一人が夏休み前に帰国になりました。

生徒とピアノ協奏曲を二台ピアノで

彼女(高2の学齢)との最後のレッスンでやったベートーヴェン「ピアノ協奏曲第2番」のダイジェスト。30分強の演奏を8分弱にまとめています。

一人一人とのご縁に心から喜びを感じております。一人一人の言葉、音に耳を傾けたい。

私のもとへいらしてくださり、ありがとう!ありがとうございます!

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク