2020年5月のピアノレッスン受付中

2020年5月のレッスンは以下の通りです。

5月16日(土)17日(日)

既にご予約で埋まっている日や時間帯もございますので、お問い合わせ下さいね。

ご希望の方はこちらをクリックして詳細ページをご覧くださいね。

ドビュッシー作曲「小組曲」から”バレエ”

● ドビュッシー作曲「小組曲」から”バレエ”を高3くんと

o0550028613584501322

 

先週まで受験だった高3くん。
無事、進学先が決まった!と嬉しい報告です。

というわけで、先週はレッスンお休み。

 

受験の真っ最中、よく、発表会に出ると言ってくれたと感謝です。
本当に大変だったと思います。

 

というわけで、この連弾は、事故いっぱいです。
でも、彼は一生懸命です。

高校で「アート」から専攻していた「音楽」の試験で、この「バレエ」のセコンドを弾いたことはあるので曲はしっかり頭に入っているのだけど、なかなかプリモも弾きにくくて苦戦中。

 

そんなわけで、お聴き下さる場合は、寛大なお心でお願いします!

 

 

彼とは、丁度12年・・・今までで一番長い付き合いの生徒です。
ほとんどの生徒さんたちは、転勤族ですから。

ただ、彼のお父様は、うちの夫のように、香港での仕事が長い方。

始まりは、彼のお姉ちゃんと私の息子が幼稚園時代、同じ英会話教室に通って居たこと。

そこからまずお姉ちゃんが。お姉ちゃんも8年くらい、習いに来てたかなぁ?

お姉ちゃんが格好良く弾く「月光ソナタ」とかショパンのワルツやエチュードに、彼は憧れてた。

だけど、初めの何年か、中学に上がるくらいまでかな。
なんだかお尻に火がつかなくてね。
レッスンは大好きで、ニコニコやってきては、箸が転がってもおかしい?ってくらい、毎回、大爆笑して帰ってた。

笑ってないで練習して!って感じでした。

 

その彼とも、来週の発表会でお別れです。

でも、きっとまた会える気は、してるんだけど、ね。

12年は、あっという間だった。ずっと来てくれてて、ありがとう。
あなたが、どの曲を弾いていた時のことも、みんな覚えてるよ。

スポンサーリンク