心と体を楽にしてピアノを弾くピアノレッスン受付中❗

ピアノ・レッスンにつきまして。

10月のピアノ・レッスンは、コロナを考慮して1日3名限定。

お日にちはご相談に応じます。

ご希望の方はこちらをクリックして詳細ページをご覧ください。

オンラインや動画でレッスンも❗

坂本龍一「Merry Christmas, Mr. Lawrence」ピアノ演奏動画

この記事は約3分で読めます。

坂本龍一さんと言えば、「教授」と呼ばれ、多くの作品を生み出してきました。YMOこと「イエロー・マジック・オーケストラ」に熱狂した人も多いでしょう。もちろん私もその一人(ファンクラブにも入っていました)。

そんな坂本龍一さんの「Merry Christmas, Mr. Lawrence」は、その映画を知らない世代にも人気のある作品。発表会やおさらい会などでもプログラムに載る事が多い。そして、曲名だけにクリスマスが近づくと弾きたくなるのですよね。

今日はそんな坂本龍一さんの「Merry Christmas, Mr. Lawrence」についてお話して参ります。

Merry Christmas, Mr. Lawrence

大島渚監督の映画「戦場のメリークリスマス」は、日本・イギリス・オーストラリア・ニュージーランドの合作映画で、1983年の公開です。

当時、私は何度もこの映画「戦場のメリークリスマス」を観に、映画館に通いました。

教授こと坂本龍一さんが音楽を担当する事だけでなく、出演も。更に、ビートたけしさんやデヴィッド・ボウイが出演しているというのも、ショッキングでした。ボウイの、首から下を埋められてしまうシーンは強烈。

あれからもう、37年も経ってるのですね!書いてて自分でビックリしています。驚愕。

そんなに経っているのに、絶対この映画知らないでしょ?と思われる世代の生徒たちが、この曲を希望して弾いて来ました。中には、親の影響かな?と思う生徒もいたけれど。

以前の発表会後に帰国した小4ちゃんから、先日メールを頂きました。とても嬉しかったのは、

「勉強が忙しくて、そんな時、ピアノを弾いて、気持ちがラクになる」と言うような事を、書いていたこと。

「勉強が忙しくて、なかなかピアノ弾けないの」と言う人は多いけれど、元生徒ちゃん達の中には、勉強が忙しい時ほど、ピアノを弾くと言う、うまく気分転換出来る子達も居ました。

人それぞれですよね。

やっぱり学生は、勉強することが本分ですから、勉強は第1でしょう。だから、試験の時はレッスンを休むと言うのは、おかしなことじゃ、ないよね。

でも、試験の時だけじゃなく、受験の時だって全くレッスンを休まなかった子も、一人や二人ではありません。

さて、そのメールをくれた小4ちゃんがね、

クリスマス会では、戦場のメリークリスマスを弾きます!」と。

わー、それこそ、その小4ちゃんが「戦メリ」を知ってるとは思えないのだけれど。

でも、その話を聞いて、私もまた弾きたくなったのです。

 

あなたも坂本龍一さんの「戦場のメリークリスマス」、弾いてみませんか?

心と体をラクにする東京ピアノレッスン
心と体をラクにするピアノレッスンを東京で開催。埼玉・千葉・神奈川もご相談に応じます。
スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました