あなたがバッハの作品を弾く時、困ることはありませんか?

バッハの世界は壮大で、様々な作品があり魅了されるものばかり。しかしいざ弾くとなると、多声音楽で声部が入り混じっていて弾きにくいとか、アーティキュレーションをどうしたらいいかわからないという事があるでしょう。

そんなバッハの作品に触れる中でも、立ち止まって考えさせられる機会が多いものの1つに「装飾音」の理解と弾き方があるのではないでしょうか?

楽譜に書かれている装飾音の記号がよくわからないとか、どう弾いていいのかわからないとか、楽譜(版)によって装飾音の指示が違うから迷ってしまうとか、あのピアニストはあのように弾いているけれど先生はこう弾きなさいと言った・・・そりゃ迷いますよね。判断もしかねます。

そんなバッハの装飾音の考え方を身につけられたら、自分で考えられるようになったらいいと思いませんか?今日はそんなあなたに最適の講座のご紹介です!

チェンバロから考えるバッハ・装飾音の考え方講座の講師は

ベルギー在住のチェンバリストでピアニスト・通奏低音奏者・作曲家の末次克史先生。ブログでは日々、たくさんの気づきポイントを発信されています。

末次克史先生をご紹介する時に外せないのが「自分で考える」ということ。末次克史先生の講座やレッスンを受講された方々や、日々ブログを熟読されている方々はよくわかっていることだと思います。

これは音楽に限ったことではないのですが、いちばん大事なのはどんなことでも「自分で考える」ということです。自分で考えた結果、自分で考えてあれこれ試した結果、私はこうする!と決めることが大事。

だけど我々日本人は「自分で考えること」が苦手です。何故ならそういう教育をほとんど受けてこなかったからです。自分で考えて個性を伸ばすことより、みんな平均的に同じであること、突拍子もない事をする人が現れるのは面倒という風潮からでしょう。

でもね、教わったことをそのまま不思議とも思わず(消化・理解もせず)再現するだけでいいのだろうか?いや、いいと思うならそれでもいいのだけれど、自分で考えることの面白さを知ってほしいと思います。

そんなあなたの好奇心・知りたい欲に火をつけて下さるのが、末次克史先生です。あなたにたくさんの問題提起をして下さるでしょう。それを問題提起だと捉えるか(気付くか)どうかも、あなた次第。

末次克史先生はベルギーにご在住で、時々ご帰国されて日本でもレッスンや講座を開講して下さっています。いつでもお目にかかれる先生ではないのですから、これを読んだあなたがピピッと来たら、今ですよ!(笑)

7月15日の講座はバッハの指遣いの考え方!

今回の末次克史先生の講座は、日本で「チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性」講座を始めてから3回目(シリーズの第3弾)になります。

第1弾「バッハはどのように鍵盤楽器を扱っていたか?」チェンバロの構造や発音の仕組みを知り、バッハの奏法をどのようにピアノに活かせるか?チェンバロ・オルガン・ピアノに触れてそれぞれの違いを実感・体感してみました。

第2弾「バッハ・指遣いの考え方」運指無しの原典版を使う場合、どうしたら良いのかを自分で考えられるよう、たくさんのヒントを頂き、実際に自分で指遣いを考えて楽譜に書き込む・弾いてみるワークショップ。

第3弾は「バッハ・装飾音の考え方」です。

バッハ作品には、様々な装飾音が記されています。それも版によって違ったりカッコ書きのものもあったりして、全て弾かなければならないとすると、装飾音を弾くことだけに意識がいき、パニックに。

もし装飾音を省くことができるとするなら、どれを省いたらいいのか(省いてもいいのか)?

今回は、以下のことをあなたが身に付けて実践できるようになることを願っての参加型(ワークショップ)の講座です。

  • その装飾音は本当に必要なのか
  • 必要な装飾音とそうでない装飾音の見分け方
  • 装飾音の意味
  • 楽譜に無い装飾音の入れ方

今回も、チェンバロとピアノを使って考えていくワークショップです。

また、末次克史先生のご厚意で、第1弾・第2弾の講座内容もおさらいしながら進行して参りますので、初めての方も不安を感じることなくご参加頂けますよ!

末次克史先生のお言葉

昨日6月14日の末次克史先生のブログをご紹介します。是非あなたも読んでみて下さいね。

 

講座の詳細について

「チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性」〜 Vol.3 バッハ・装飾音の考え方 〜の開催についての詳細です。

開催日時 7月15日(日)13時〜
受講料 5,000円
開催場所

スタジオ・ピオティータ

東京都杉並区下高井戸4-22-34

京王線桜上水駅から徒歩約10分

井の頭線西永福駅から徒歩約12分

持ち物  筆記用具

講座のご予約は、わたくし荒井が承っております。ご予約・お問合せは

chihirohk@gmail.com までメールして頂くか、Facebookメッセンジャーでご連絡下さい。

もしくはこちらのFacebookイベントページに書き込みをお願いします

稀にメールが届かない場合がございます。ご連絡をお寄せ頂いてから48時間たっても返信がない場合は、誠に恐縮ながら、再度お問合せ下さい。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

あなたのご来場をお待ちしております!是非ご一緒いたしましょう!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!