2019年3月24日、心と体をラクにするピアノ奏法「千の音」では、オトナのための小さなピアノ発表会を開催しました。

リハーサル中。照明の具合を見ている所。

この「心と体をラクにするピアノ奏法」では、あまりレッスンでの事などをリアルには綴らず、読んでいる「あなた」が主観的に捉えられるよう意識して記事を書いています。

そんなブログ記事やメルマガを読んで、勇気を出してレッスンにいらして下さる方々が、何かに気づいて目が輝いた瞬間を見るのは私の喜び。何かを体感したくて、何かにまた気付きを得たくてレッスンをリピートして下さる方々に声をかけて急ピッチで実現した「オトナのための小さな発表会」。今日はその報告記事です。

オトナのための小さなピアノ発表会が目指したコト

オトナのための小さなピアノ発表会をやろう!と思い立ったのは昨年末のこと。漠然と2019年秋ごろに発表会が出来たらいいなぁと思ってはいましたが、それってまだ先すぎるじゃん!

子どもたちのピアノ学習と違って、オトナのピアノはたくさんの様々な問題を抱えています。しかも、幼少の頃から無意識のうちに植え付けられた弾き方のクセや練習や仕上げて行く過程での思考のクセに支配されてがんじがらめ

みんな、自身では何かよくわからないけれど、自分が縛られているものから脱却したいと思っている。それはピアノを弾く上での(奏法での)問題かもしれないし、心の問題かもしれません。あるいは、無意識のうちに縛られ続けてきた何かかも、しれない。

それぞれが、自分の問題から脱却するために、一つでも多くの舞台経験を望む。でも、望んでいるからと言って、その舞台は(人前演奏の機会は)何でもいいというわけではないでしょう。

だからこそ、開催したかったのです。この時点で躊躇する方は、今はまだその時期ではないというだけの話し。

でも、声をかけた殆どの方々は即刻お返事下さいました。それこそが、彼・彼女たちの望んでいるコトではなかったのか?(欲するものが目の前にポンと出てきたら、躊躇せずつかみますよね?)

小さなピアノ発表会で、何を得たかったのか?

それは、人前で演奏するとは、どういうことなのか?というコト。

人前で演奏するには、いろんなプレッシャーがかかります。緊張との闘いや、死に物狂いで重ねてきた練習の成果が、ちょっとしたことでなし崩し的になってしまうコトへの恐怖。愛する曲をシアワセな気持ちで披露出来ないかもしれないコト・・・

時に人は言います。

「それは、人前での演奏の機会が少なすぎるのよ」と。

確かにそれはないとは言いません。毎月のように人前演奏の機会がある人と、数年に一回しか人前での演奏機会がない人とでは「緊張コントロール」がどの程度出来るかについては、語る必要がないほど明確です。

でも、毎月のように人前での演奏経験があれば良いというわけでもない、ということも、知っておいて欲しいのです。それは「慣れ」という恐れがあるということ。

何事も、今の自分を知ることでしか、自分の状況を改善する術はないことを忘れてはならない。それを忘れるというコトが「奢る」コトなのではないでしょうか。

ダイジェスト動画で小さなピアノ発表会のご報告

じゃ、一体どんなオトナのピアノ発表会だったのか?文字で語ってたって説得力ないと思うので、ダイジェスト動画をお送りしますね。

約13分半の動画です。じゃ、どんな演奏が詰まっているのか?

小さなオトナの発表会のプログラムは

今回のプログラムは以下の通りです。

  • ショパン「即興曲第2番」
  • サティ「グノシエンヌ第1番」
  • シューマン=リスト「献呈」
  • サティ「金の粉」
  • リスト「愛の夢」
  • ベートーヴェン「悲愴ソナタ」第2楽章

ここまでが前半。そして休憩を挟んでの後半は以下の通り。

  • カッチーニ=小原孝「アヴェ・マリア」
  • プーランク「即興曲第15番」”エディット・ピアフを讃えて”
  • ショパン「スケルツォ第2番」
  • ドビュッシー「水の反映」
  • ショパン「バラード第1番」
  • ドビュッシー「夢」「月の光」
  • リスト「森のざわめき」

以上でした。

参加した方々のブログ記事(感想)を紹介

今回の「千の音 ファースト・ステップ・リサイタルズ」に参加して下さったのは、ピアノの先生・エレクトーンの先生に、ピアノをこよなく愛するビジネスマン/ビジネスレディの皆さん。環境は様々です。

それでも私達が目指していたのは「少ない時間の中で必死に努力する」ことではなく、「音の楽しさを味わう」「音に包まれるシアワセを味わう」事でした。

レッスンで伝え続けてきたこと・ブログやメルマガを通して発信し続けてきたことが、彼らが成長する過程の中で、少しずつ浸透し腑に落ちていったようです。

古塚真紀子先生の感想

大人の発表会に参加してきました。

「小さな発表会」の演奏の振り返り

Nむっちゃんの感想

自分の演奏の良かった点

結さんの感想

夢見心地

グリーンライト音楽教室の南妃先生の感想

南妃先生も頑張ってきたよ!

他、ブログをお持ちでない方々は個人的にメッセージやメールを寄せて下さいましたが、ここでご紹介するのはやめておきますね。

「心と体をラクにするピアノ奏法」が気になるあなた様は、是非彼女たちの記事を読みに訪れて下さいね。

皆さん、ありがとうございました。感謝の気持ちをお送りします。

2019年4月1日(月) 荒井千裕 拝

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク