● 「その音を特に強く」とは、どんな音だろうか?

o0550034713422184392

 

楽譜に書かれた「rf.」(リンフォルツァンド)は、「sfz.」(スフォルツァンド)や「fz.」(フォルツァンド)同様に、「その音を(特に)強く」という指示です。
いわば、「アクセント」のようなものですね。

 

でも、アクセントを含め、こんなに言い方があるって一体どういう事なのでしょうか・・・

 

それは、その状況によって、「どのくらい強く(あるいは、他の音に比べて強調)」なのか、変わってくるでしょう。

 

どんな場合でも、欠かさないで欲しいな、と思う気持ちの一つに

「特に大事に気持ちを込めて」

というのが、あります(私のニュアンスです)。

 

この画像の場合も、単純に「特に強く」という意味だけで捉えてしまうと、なんとぶっきらぼうにアタックが強くなってしまうことか?

という危惧があります。

特に小さな子供達は、シンプルに、そうしがちです。

 

強く=落とす(あるいは、感覚的に「たたく」)と、無意識レベルで思い込んでいる可能性は、大きいのです。

だからね、打鍵は「落としっぱなしにしない」ことです。

動きが止まった途端に、音は行方を遮断されてしまうから。

そこで終わり、終わってしまうのです。

腕の動きは止めないでね。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!