● 何だか繋がっていない、と思ったら、指づかい考察!

o0550018813607152595

 

手、3小節にわたってスラーが続いているのに、なぜか切れてしまいます。

小節が変わるところで切れる、ということは、左手の動きに右手がつられてしまうコトも考えられます。

でも、そうじゃないのかもしれません。

それは、音階だから。

 

音階の指使いは、基本がありますね。

でも、いつもその指使いだとは、限らないのです。

このフレーズのように、素直に上昇するだけ、下降するだけではなく、ひねりが入っていると、どこかで指の使い方を調整しなければなりません。

 

だから、弾けているつもりでいても、何かがおかしい、というコトが起こります。

それを見つけるためにも、いつも自分が出す音には敏感になっていないとね。

 

そして、思い込みを手放す。

ちゃんと読んでいるつもりが、勘違いしてた、というのも、よくあるコトですね。

何だか繋がってない感じ?と思ったら、指使いをもう一度、見直して考えてみましょう。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク