2020年4月5月のピアノレッスン受付中

2020年4月と5月のレッスンは以下の通りです。

4月18日(土)25日(土)29日(水・祝)
5月2日(土)〜6日(水)16日(土)17日(日)

既にご予約で埋まっている日や時間帯もございますので、お問い合わせ下さいね。

ご希望の方はこちらをクリックして詳細ページをご覧くださいね。

「てのひら」は、口。歌のニュアンスを感じよう!

● 「てのひら」は、口。歌のニュアンスを感じよう!

o0550025213788908782

 

ピアノを弾く時、私たちの「手」は、歌う時の「口」の役割を果たす。

 

「指先」は「舌先」だろうか。

「てのひら」は、「口内」だ。

だから、「てのひらの中心」(氣が発するトコロ)は、「喉」だ。

 

歌う時、舌先の細かな動き、微妙な動きの違いで、発音するエネルギー量や種類を変えられるように、

ピアノを弾く時も、その音によって、そのフレーズによって、「てのひらと、その中心部」の緊張具合は変わってくる。
(緊張させるだけじゃなく、緩める度合いも含めて。)

 

日々の会話だって、抑揚の付き方は様々だ。

せっかく楽譜に「サイン(指示)」がいっぱいあるのに、無関心でいると、話(歌)のニュアンスは変わってしまう。

いや、歌そのものが、変わってしまう。

 

スラーの切れ目、休符は、意味があってそこに存在する。

 

歌う時、舌先が怠けていたら、何を言っているのか、わからなくなるだろう。

指先も、同じこと。

指先の動き一つ、タッチ一つ、離鍵の仕方一つで、ニュアンスは変わってしまう。

 

さぁ、もっと「てのひら」で、「指先」で、歌のニュアンスを感じよう!

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 


◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

・香港教室*毎週の定期レッスン
・香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。