● ちょっと気遣って、飛ぶのを防ごう!

気を付けたいのは、この画像で赤○をしている
左手の4拍目の4分音符

 

飛びやすいの。
次の音に向けて。

次の音を打鍵する「準備」をしようとして、
無意識のうちに飛んでしまう。

 

でもね、次はこうなってるの。

1枚目の画像では左手、「ソ・シ♭・ミ♭」。

2枚目の画像では、「ソ・シ(ナチュラル)・レとファ」に指を用意します。

 

1枚目の画像「ソ(5)・シ♭(3)・ミ♭(1)」の指に対して、
2枚目の画像「ソ(5)・シ(3)・レ(2)とファ(1)」でとるなら、飛ばず、同じ場所で弾けます。

少し、1と2の指を広げるだけですみます。

 

ジャンプして飛んでしまうのとは、
聴こえ方が大分変わってきますね。

 

前後で何がどのくらい変わるのか?

 

同じことはないのか?

見てみましょう。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク