● わかっているようで、わかっていない事を見つめてみる


 

一つの大きなセクションの中に、フレーズが幾つかあります。

 

大抵、始めの一つ二つのフレーズは短い。

大体、三つ目からフレーズが長くなって、発展していきます。

 

それでも一見、動き/リズムは変わらないような感じなので、気付きにくいの。

「スラー」が付いている、というのは、
わざわざ作曲家がそれを

「お知らせ」

してくれているんだよね。

「ここから ここまでだよ」って。

 

なんにも考えないで

「なんとなく」  付いているわけじゃないのです。

 

そこに気付いていないと(うやむやになっていると)、
それは、演奏には反映されません。

そりゃそうだよね。
自分でわかってないのだから。

 

だから、もう一度、チェックしてみましょうか。

フレーズが長くなる時、そこは
大きく呼吸をコントロールしていかないと、
一息で歌うことは出来ないよ。

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室)
クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!