2020年4月5月のピアノレッスン受付中

2020年4月と5月のレッスンは以下の通りです。

4月18日(土)25日(土)29日(水・祝)
5月2日(土)〜6日(水)16日(土)17日(日)

既にご予約で埋まっている日や時間帯もございますので、お問い合わせ下さいね。

ご希望の方はこちらをクリックして詳細ページをご覧くださいね。

音はどこまで繋がっているのか?最後まで聴こう

● 音はどこまで繋がっているのか?最後まで聴こう

 

「どーーーしーどー しーふぁーふぁーー」

と、シンプルながら美しい歌が「繋がっている」事は、わかっている。

 

 

わかってるのよね。

 

だけど、弾くとね、繋がってないの、切れちゃうの。

 

 

「どーーーしーどー し」「ファッファー」ってね。

 

普通に考える(感じる)と、

「どーーーしーどー しーふぁーふぁー」で、

だけど、気をつけて弾かないと

「どーーーしーどー しーふぁ」「ッファー」って

なっちゃうケースが、多そう。

 

 

でも、

「どーーーしーどー し」「ファッファー」って、

なっちゃうのは、どうしてだと思う?

 

 

それは、その歌と共に、内声で弾く音があるからよ。

 

’しーふぁーふぁーー」の「し」の時、「ファ」も同時に打鍵します。

(楽譜画像参照)

 

 

そこが和音になる上に、その次に弾く音が、

またしても「ファ」だからでしょうか。

 

 

でもね、「ファとシ」を和音として弾いたら、

次の「ファ」を打鍵するまで、「シ」を弾いている指を、

離鍵しなければいいの。

つまり、「ファとシ」を和音として弾いている時、

下の音「ファ」を、若干早めに離鍵して、

次の「ファ」打鍵に向けて行けば、いい。

 

 

気の使い方、耳の使い方、聴き方次第で変わります。

変えられます。

 

最後まで、よく聴こう!

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

・香港教室*毎週の定期レッスン
・香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。