ピアノを弾くには、呼吸を意識しなくてもいい。だけど、呼吸しなくても音が出るからと言って、指だけ動かしていたら、あなたの内なるものは音に乗って現れるのだろうか?

ピアノでスラーの終わりを表すにはどうしたらいいのかしら?そんな事を考えてみますよ。

ピアノでのスラーの終わりは、息を吐く加減だ!

もし、スラーの終わりを、
どう弾いたらいいか、
その塩梅が、さじ加減がよくわからなかったら、

スラーの終わりの音に向けて、
息を吐いて行ってごらん。

どこから吐き始めるのか?
え?そもそも、どこから吸うの?

 

って細かい話になると、
長くなるので
(レッスンでは全部お話しするけれど)

まぁ、そのフレーズ(一つのスラー)の
中にある音の動きを見て、
「山」を作っていたら、
その「頂き」を超えたあたりから、
終わりに向けて、吐いていきます。

だから、その長さによって、
吐いていく加減が変わりますよね。

 

で、このような場合。
4分音符「ソ」から8分音符「ファ#」へ
音は渡されて、
このフレーズは終わります。

(大きな意味で捉えるフレーズだと、
 ここで終わりではありませんが、
 そのお話は今はちょっと置いておきます)

ただ、ここで本当に全てが
終わってしまうわけでは、ないですよね。

次に休符があって、またフレーズは始まります。

お話の途中です。

まだ話してるんだけど、
話は続いているんだけど、
その途中で息継ぎをする、
その間が休符。

 

そんな状況を推し量ると、
(想像すると)

息を吐く加減が
わかってくるんじゃないかしら?

 

ブワッとは、吐き切らない かもよ?
もしここでブワッと吐き切ったら、
次へはどう繋いだらいいかしら?

 

誰かに、何か打ち明け話をする時の、
前口上のように。。。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク