捉え方と準備の仕方の違いで弾きやすさは変わる

・アルペジオは、捉え方次第で弾きやすくなる。

・跳躍は、準備の仕方を変えるだけで、弾きやすくなる。

 

画像のように、
右手はジグザグなアルペジオ・フレーズ。

左手は音は少ないとはいえ、跳躍。

その二つが同時にあるから、
どっちを気にしても、とっても弾きにくい!
 ってか、弾けません!!!(訴え)

 

 

よく聞けば、右手のアルペジオでは、
必ず外す音がある、という。

それが、上がっていった頂点の音。
(小節終わりの音=和音の前の音)

アルペジオは、オクターブを超えたあたりから、
外れやすくなります。

2オクターブ続くフレーズなら、
2オクターブ目で外しやすい。

3オクターブ続くフレーズなら、
3オクターブ目で、外しやすい。

心理的な作用もありそうです。

 

ただ、「外しやすい音」が決まっているなら、
対処 出来ますよ。

 

彼女の場合は、アルペジオで上がっていった頂点の音を外しやすい。
だから続く和音までがグダグダになりやすいとのこと。

 

ならね、グループ分けすればいいんです。
(捉え方を変えればいいの)

画像に書き入れたように
1小節目では、

「ファレラファレ」と「シラ(ラは和音)」に、分ける。

次は「ソドラソド」と「ラファ(ファは和音)」に、分ける。

つまり、分けるところで「入り直す」
=「打鍵を改める」=「打鍵の方向を改める」
 と言うことです。

 

フレーズは一息だけれど、
弾き方は、分ける。

これは「弾き方」の話なので、
その捉え方がわかったら、
変にアクセントが付いたりしないよう、
気をつけて打鍵すればいい。
(アクセントがついてしまうと、
 1フレーズ感が失われてしまうから。)

スポンサーリンク

左手。
こんなに音が少ないのだけれど、
跳躍で低音を弾くそこは、
丁度、右手のアルペジオが外しやすくて
めっちゃ気になるところだから、
「あっちもこっちも見てられないの!」状態に(泣)。

 

なら、準備を早めればいいの。
低音を打鍵するその時になってから、
その鍵盤めがけて飛んで行こうとするから、
間に合わないし、右手も同時に大変だから、
目も当てられない状態に。

右手が大変!になる前、
もう左手が休符になった所で、
さっさと移動しちゃえばいいんです。

(間隔や、鍵盤の手触りで、その音が
 わかるなら、話は別です。)

 

出来ないなら、出来ない場所と理由を
探れば、解決策は、見つかる。

何回やっても出来ないの〜!
って言ってるだけじゃ、
何回練習しても、出来るようには、ならないよね。

(もちろん、言いたい気持ちはよくわかりますよ。)

自分で解決策を見つけられるように
なるから、
それまでは、ヒントはいっぱい投げるからね。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク