ピアノ演奏で、音を分断させないために

こんなフレーズ、
右手の伸びる音を聴きたいのに、
一生懸命聴いているのに、
どうしても左手に邪魔される
   気がする。

 

左手をレガートで弾いているつもりでも、
どうもうまくいかない
 うまく行っていない気がする。

 

左手のアルペジオ・フレーズが、
1音1音の打鍵にならないよう、
横の流れで、ハーモニーを作りたい。

 

じゃあ、どうしたらいいんだろう?

 

各音の打鍵を、鍵盤の底までは しないように・・・

 じゃなくて、
(結構、その感覚も易しくないのですよね)

 

じゃあね、ちょっと
「てのひらの中心部」を、感じてみて。

そこが膨らんでね、
持ち上げられるように、
腕は動いて行く。

 その「ついで」に音が鳴らされて行く

  そんな感覚で。

 

と、この時の彼女には、この
「てのひらの中心部を感じる」事が、
ビンゴだったのです!

たった1週間で、びっくりするほど、
音が変わりました。

 

スポンサーリンク

 

ちなみに、昨日の東京レッスンで、
ある方は、

「てのひらに、ハムスターがいる」

と言うと、「可愛い〜〜!」と言いながら、
その感覚を、わかって頂けたのです♪

それは、私が小さな子供達によく言う事です。

 

「あなたのてのひらの中にはね、
 可愛いハムスターが居るの。

 ハムスターは、狭いところが好きなの。
 だから、あなたのてのひらの中にいて、
 あなたがピアノを弾いてくれるのを
 聴くのが、好きなのよ。

 だけどね、あなたが音の事や
 どうやって弾くかを考えないで、
 手を落として弾いちゃったら、
 ハムちゃん、潰れちゃって
 悲鳴をあげるよ。
 そんなの、かわいそうだよね?」

 

  です。これでイケてます。

 

音を一つ一つ分断させたくなかったら、
てのひらの中心部を感じてみましょうか。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク