2020年5月のピアノレッスン受付中

2020年5月のレッスンは以下の通りです。

5月16日(土)17日(日)

既にご予約で埋まっている日や時間帯もございますので、お問い合わせ下さいね。

ご希望の方はこちらをクリックして詳細ページをご覧くださいね。

ピアノを弾く上でのアルペジオや音階フレーズに潜む危険を知っておこう!

ピアノを弾く上でのアルペジオや音階フレーズに潜む危険とは?

音階アルペジオ(分散和音)は、曲の中にたくさん登場しますね。

そんなフレーズ、なんとなく弾けてる気が、しているでしょうか?
指遣いも正しくしてるもん!  かな?

今、練習している曲の中に、
音階アルペジオのフレーズがあったら、
その部分を片手だけで弾いてみて下さい。

よーーーく!耳を傾けて。

指使いだけに気を取られないで「聴いて」ください。

何か、凸凹した印象を受けませんか?
或は、「粒が揃っていない」気がしませんか?

まず、それに「気づく」事が大事です。

つまり、あなたの「耳を育てる」事が、大事なのです。

  何となく流して弾かないでね。

では、凸凹した印象を受けたり、
粒が揃っていないような気がする、
と感じたら、次にやる事は何でしょう?

原因究明ですね。

「どうして、こうなっちゃうんだろう???」

たまには綺麗に弾ける事があっても、
それは「まぐれ」なのです。
よーくチェックすると、
「ほとんどの場合、うまくいってない」のではないでしょうか?

「耳」を澄ませて、
「目」を、指と手の動きに集中させて、弾いてみましょう。

原因がわかったでしょうか?

 

ヒントは……..「1の指」です!

スポンサーリンク

音階アルペジオ(分散和音)のフレーズを弾いている時、
「指くぐり」をする時に、
「ドスン!」となりやすいです。

その指くぐりの際に、1の指が(指先が)立たず
寝た状態になり、ドスンとなってしまいます。

見ていると、指くぐりの1の指で打鍵する時に、
手全体の高さが落ちる方が多いです。

何故か?

無意識のうちに、体で手を(音の流れの方向へ)引っ張ってしまい、
手首や指の関節の自由な動きを制限してしまうから。
そして、1の指全体で落としてしまうのです。

だから指くぐりの時、1の指での打鍵は手の甲を落とさない。
(甲から下腕の高さに動きが出ない)

意識は背中へ。

背中に羽がある事を、意識してみましょう。
肩甲骨ゆるゆるでね。

ちょっと動画に撮ってみました。
わずか35秒です。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

スポンサーリンク