● トリルやトレモロをラクに弾こう!

 

ポイントは

手の高さと親指に気をつけろ! です。

トリルは、楽譜には「tr.」と
音符の上に書かれています。

トリルは「シ」に付いていれば、その伸ばしている拍の間、
「どしどしどしどしどし・・・」と弾き続けます。
(ケースバイケース)

トリルとは、隣り合う音を交互に弾いて行く事です。

 

トレモロ

こちらは、いわば「トリルのお仲間」です。
違うのは、交互に弾くのが隣り合う音ではない、
という事です。

楽譜の例ではこちら。
これはリストの「エステ荘の噴水」の一部ですが、、、

最後にビデオの中で説明しているのですが、
私はビデオの中で「トリル」と「トレモロ」の弾き分け、
と言っていますが、私が「トレモロ」と言って弾いているのは、
「重音トリル」です。

 

いわゆる「重音トリル
(私がビデオの中で「トレモロ」と言っているもの)は
こんな楽譜になっています。

これは、メンデルスゾーンの「ロンド・カプリチオーソ」の一部です。

どちらか一方の手に、これらトリルやトレモロが入ると、
もう一方の(主にメロディ)手で奏でる方のコントロールが
効かなくな場合があります。

トリルやトレモロではない方がメロディ(歌)なので、
そちらを、より一層「聴く」事が出来て、
トリルやトレモロの存在を忘れられると良いのですが、
つい、トリルやトレモロを弾く事に必死になってしまいます。

それが故、トリルやトレモロの方が音量が出て、
トリルやトレモロ幾つに対して、メロディの音符を一つはめる!
というような意識にとらわれて、テンポも急激に遅くなったりします。

このあたりを、動画で少し説明させて頂いています。
しゃべり下手ですが、ご容赦ください。

 

あくまでご参考までに。

 

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

・香港教室*毎週の定期レッスン
・香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク