ピアノのペダルは神様じゃない

 

左手に注目してみましょう。

両手共に「らしれー」と弾きますが、
左手の「れ」だけが2分音符になっています。

そこに気付いていたでしょうか?

何故、ラフマニノフはこの低音「レ」を
 伸ばすように作ったのだろうか?

と、考えてみましょう。

だってだって!
その「レー」が響いているでしょう?
その響きの上に、スタッカートの
8分音符和音が動くソレを、聴きたかったんじゃないかしら?
もし、それを聴けたら、どうかしら?

 

 

だから、どうしても低音の「レー」の響きは必要なの。
安易にペダルに頼らないでね。
ペダルは神様じゃないよ。

神様はね、あなたの「耳」だよ。

ペダルは「サポーター」だと思ってね。

ココは、ペダルに頼らないで聴いてみてご覧。
そのためには、指を替えなきゃ弾けない。

その響きを、あなたの耳で実感できないと、
その必要性を感じられないよ。

指替えは、あなたの意識一つ。
意識の問題です。

 

ほんのちょっと目を凝らして見ると、その音の意味がわかる。
ほんのちょっとした気遣いで、聴こえ方も変わるよ。
ペダルは神様じゃない。

 

 

感性を大事に!
体をラクに使って、楽しくピアノを弾けるお手伝いをしています。

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク