2020年5月のピアノレッスン受付中

2020年5月のレッスンは以下の通りです。

5月16日(土)17日(日)

既にご予約で埋まっている日や時間帯もございますので、お問い合わせ下さいね。

ご希望の方はこちらをクリックして詳細ページをご覧くださいね。

ピアノで表現するのに効果的な打鍵法を知っておこう!

無駄な動きを抑え、効果的な打鍵をしよう!

右手のスラーは、8分音符二つずつ。
そして、1音目にはアクセントが付いています。

 

こんな時は

・1音目で手を落として、2音目に向かって回転させていく。

・2音目の打鍵で腕は上がる。

これで「落として(回転させながら)上がる」
という「1アクション」。
「一つの動き」で弾けます。

 

 

左手もそうです。

スラーが付いている音の群れで
「一つの動き」をとりながら、打鍵していく。

「どらみ」で言うなら、

・手を落として1音目「ど」を打鍵。
 
・そのまま(上げずにただ横へ回転する過程で)
 2音目「ら」を打鍵。

・そのままさらに横へ回転し、
 3音目「み」を打鍵で手を上げる。

ここまでで「1アクション」です。

 

そしてまた回転させながら
次のスラーの1音目「し」に落とす。

以下、同じように横へ回転しながら弾いていく。

「どらみ・しら」「しられ・しら」「どらみ・しら」「しられ・しら」

ではなく、

「どらみ」「しらしられ」「しらどらみ」「しらしられ」

と捉えてみましょう。(打鍵のグルーピング)

 

是非、お試し下さいね。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

スポンサーリンク