2020年4月5月のピアノレッスン受付中

2020年4月と5月のレッスンは以下の通りです。

4月18日(土)25日(土)29日(水・祝)
5月2日(土)〜6日(水)16日(土)17日(日)

既にご予約で埋まっている日や時間帯もございますので、お問い合わせ下さいね。

ご希望の方はこちらをクリックして詳細ページをご覧くださいね。

三度和音のトリル、指遣いを考える

● 三度和音のトリル、指遣いを考える

 

こんな、三度音程和音のトリル
イヤですねぇ(笑)。

だってこれ、3小節続くのですよ。

これを見て、先へ進めるのをやめた、

という生徒さんの気持ち、
その時の表情が、目に見えるようです。

指遣いの指示があります。

「ソとシ」を「1と4」で。
「ファ#とラ」を「2と3」で。

これは弾きにくいと感じる人が多いのは、
無理はないと思います。

だって「3と4」の指は、
寄り添っていて、支え合っていますから。

それを分離して交互に動かすと言うのは、
かなり大変です。

もちろん、人によって違いますから、
それ、全然難しくないし、という方だって、
いると思いますよ。

ちなみに私は「3と4」を交互に連続で使うのは、
しんどいです。

絶対使わないわけではありませんが、
使わない事は多いです。

で、私が使ってる指遣いは、

「ソとシ」が「1と5」で、
「ファ#とラ」は「2と4」です。

でも、時に途中で「ファ#とラ」を「2と3」に
替える事も、あります。

トリルトレモロは、それが長く続くなら、
途中で使う指を替えるのは、アリだと思います。

 

と、伝えたら、

突破口が見えたような、
晴れやかな表情になられ、安堵。

先へ進められそう!

来週はまた来週で、新しいお悩みも出てくるでしょうが、
一つずつ、一緒に紐解いて行きましょ。

大丈夫!

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

・香港教室*毎週の定期レッスン
・香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。