● 同音連打は、落とさない

 

これは、両手交互の同音連打ですが、
片手での同音連打でも、同じ事です。

同音連打がうまくいかないのは、
鍵盤の戻りと打鍵のタイミングが
うまい塩梅にならないから。

すると、どんどん、頑張って弾いてしまいます。

頑張って弾く=落とす

と言う動作に必死になります。

弾くと言うのは、鍵盤が落ちるから、
ハンマーが動いて弦に当たって、発音する。

と思っていると、とにかく、
鍵盤を落とさねば!と、いう意識になり、

じゃ、打鍵のスピードか!
打鍵の強さか!

って、闘ってしまうかも、しれません。

落とす、と言う意識を、取っ払ってみましょう!

落とさない。
逆に、上げてみましょう!

とにかく、素早く鍵盤から逃げる!
落とすの、逆!

指先が、鍵盤が底まで落ちたのを感じなくたって、
音は鳴ります。

 

さ、逃げよ!逃げよ!

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

**冬休みの単発特別レッスン受付中**

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!