ピアノを弾く時にあなたが考えるのはどんな事でしょうか?あなたが大事にしていることは何でしょうか?

そこにスタッカートが書かれているから「短く切って」弾く?そこにフェルマータがあるから「長く伸ばす」?ではどうしてその音にはスタッカートが付いているの?何故その音にはフェルマータが?とその意味を考えてみたらどうでしょう?その記号が書かれているからそのように弾くのではなく、その記号が書かれている意味を考えてみるのです。考えたらどうなると思いますか?そう、どう打鍵したら良いかがわかるのですよ!

今日はそんなお話です。

スポンサーリンク

アーティキュレーションを正しく読み取ろう!

メンデルスゾーン「ロンド・カプリチオーソ」から

画像の右手(上の段)は「ピアノ(p)」で16分音符で上がっていくフレーズ。

初めはレガートですが(スラーが付いている)、途中からリタルダンドになりメゾ・スタッカートに。そして終わりの2音には、フェルマータが付いていますよ。

このように弾き方が変わっていくアーティキュレーションを正しく読み取るのは、ピアノを弾く上で(もちろん他の楽器でも)とても大事なことです。まず楽譜を読む上で最初に注意すべき事。何故ならこのアーティキュレーションを読み間違えると、作曲家が何を言いたかったのか・伝えたかったのかが変わってしまうでしょう。音の方向性すら違ってしまうかもしれません。

打鍵のニュアンスを考えよう!

短い音価のメゾ・スタッカートって、どんな具合だろう?切ればいい?明確に切ればいいのかな?指のどこを使おうか?スタッカートとの違いは、どう表せるだろう?

短い音価に付くフェルマータって、どんな塩梅?それぞれ、どんなニュアンスなんだろう?そしてこの後は、どうなるんだろう?を見たら、考えたら、フェルマータのニュアンスが見えてくるんじゃないかしら?って、考えてみましょう。

スポンサーリンク

ベートーヴェンらしい音とは?

先日発行したメルマガの記事から、幾つか「疑問」をお寄せ頂きました。

ベートーヴェンらしい音とは、どんな音?どうやって作っていったらいいのでしょうか?

よく、言われませんか? 「もっとショパンらしく!」「これはバッハじゃないよ!ドビュッシーなのよ!」「これはブラームスじゃないよ」などと。

漠然と、作曲家もそれぞれに生まれた国・育った国の違いや、生きていた年代が違えば違うよね、くらいはわかると思います。

日本を訪れたことのない西洋人にとっては、 日本は未だ「富士山 芸者」のイメージがあるとか、韓国と日本の文化の違いがわからないなどと聞きます、時々ね。だから、その作曲家らしさってどんな音なんだろう?と考える時、まずその作曲家の背景を出来る限り知る事が大きな手助けになります。

私も昔、恩師に言われた事があります。 全然知らない作曲家の作品と向き合う事になった時、「この人の曲、初めてなのでよくわからないんです」などとポロっと言いましたら、「伝記を読みなさい!まず、伝記を読みなさい!日本語の伝記がなかったら英語版を探しなさい」と。

伝記や書簡が役立つ!

伝記もいろいろあります。さすがにベートーヴェンですと、日本語でも多種多様な伝記がありますよね。 あなたにとって、読みやすい本を読むのも良いですが、たまに子供向けの伝記を読むのも面白いですよ。 何しろ子供が読んでわかるような言葉で書かれていますから、 とても理解しやすく面白いです。もし書簡集があれば、それもとても参考になりますよ。

あなたが今、向き合っている作品が作られた年の、その作曲家は何をしていたか?や交友関係などを見るのも参考になるでしょう。その作曲家の性格や交友関係や、経済状況・生活の様子を知る事は、大いに音作りの参考に役立ちます。単純に、体が弱かったショパンと同じ年代のリストでは全然違うのも、作風にも現れていますが、実際に二人の演奏の違いを想像する事も難しくないでしょう。するとショパンとリストを同じようには弾こうとしなくなると思います。音の出し方含め。

ベートーヴェンも、同じように探っていく事は出来ます。まず背景を知る。でも例えばね、ご質問はソナタだったのですが、有名な「エリーゼのために」を、子供達は早弾きで後半は大きな音で弾きたがりますが・・・ それは子供達から見た、ベートーヴェン像なのかもしれません。(音楽室にあるベートーヴェンの肖像画のイメージ?)

でもね、「エリーゼのために」はラブレターなのだとしたら、いきなり男性からそんな叫ぶような手紙をもらっちゃったら、怖くなっちゃいますよね。きっとね。ベートーヴェンだって、そんな叫ぶような気持ちで書いたのではないと思います。だから、その曲にエピソードがあるなら、それは曲作り・音作りにとても役立ちますよ。 曲についてのエピソードがなくても、その作品が作られた頃のベートーヴェンの生活はどんなだったのか? 前後に作られた作品はどんなものか? などを見ていくと、たくさんのヒントを得られるでしょう。

ピアノ打鍵のニュアンス・アーティキュレーションの意味を考えると音楽が生きてくる!のまとめ

  • アーティキュレーションを正しく読み取ろう!
  • 打鍵のニュアンスを考えよう!
  • 作曲者の背景を知ろう!

このベートーヴェンらしい音作りと、打鍵のニュアンスを考えることには通じるものがあると思います。要するに、目の前のものに、うんと興味を持つ!って事ですね。そう書いてあるから、じゃなくて「どうして、そう書いてあるんだろう?」ってね、考えてみましょう。そうすると、あなたが紡ぎ出す音楽はもっともっと生きてきますよ♪

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク