ピアノ(p)は、体を開くとラクに弾ける

ピアノ(p)」なのに、低音だと、

どうしても音がン!と飛び出しそうな気がして、

身を縮こめて、恐る恐る、弾こうとしてしまう。

そして、音がかすれる。

怖いのよね。うん、わかるよ。

呼吸も止まってしまうもの。

体が、頭が前に出てしまうから、
肩から上腕がブロックされてしまって、
コントロールが効かなくなるの。

そして、「静かに、静かに」という思いから、

打鍵のスピードが遅くなってしまうのね。

だから、音がかすれてしまう。

その逆を行こう!

目の前を、胸の前を少し広くとって。

視線は前。少し上。

体を、上半身を開く
バレエも同じだよね。

体を開くから、体が自由になる。
体を自由に使えるようになる。

指先から肩まで、
そして背中まで、
1ピース(1繋がり)だよ。

指先だけで、弾こうとしない。

体を開こう!

ピアノ(p)は、体を開くとラクに弾けるよ!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク