2020年4月5月のピアノレッスン受付中

2020年4月と5月のレッスンは以下の通りです。

4月18日(土)25日(土)29日(水・祝)
5月2日(土)〜6日(水)16日(土)17日(日)

既にご予約で埋まっている日や時間帯もございますので、お問い合わせ下さいね。

ご希望の方はこちらをクリックして詳細ページをご覧くださいね。

切り返しで気をつける事

● 切り返しで気をつける事

 

降りてきて、方向転換で上がるフレーズ。

赤で囲っている「ラ ラ♭ ソ シ」の、
問題は「シ」への指が外れてしまう、
「シ」へ届かない、
手前の「シ♭」に触れて鳴らしてしまう事が多い。

それがお悩みでした。

「ラ♭」を「2」で弾き、
「ソ」を「1」、そして切り返しての
「シ」を「2」で・・・

何回練習しても、外れるんです!

 

こんな時は、ちょっと意識の持ち方を変えてみる

何故外れるのか?と言うと、

一つは「方向転換をする」から、「ブレる」事。

でも、それだけじゃ、ありません。
もう一つは、「音程の違い」です。

「ラ♭→ソ」は、短二度(半音程)ですが、

「ソ→シ」は、長三度です。

短二度と長三度では、単純に鍵盤数で
幾つ違うのか?

近い音のようで、

「わ!こんなに差があったんですね」

そりゃ、意識しなければ、正しい鍵盤に到達するのは厳しいでしょう。

 

それを意識する事。

もう一つは、方向転換するのだから、

グルーピングを変えてみる。

「ラ ラ♭ ソ」までで一つ。

そして、「シ レ ファ」は、
新しいグループだ、と捉える。

簡単に回れ右するわけじゃ、ない。

と、感じてみる。

これが、切り返しで、気をつける事です。

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

・香港教室*毎週の定期レッスン
・香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

 

 

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。