ピアノで作品を仕上げていく中、「クライマックスに向けて、腕の重さを乗せていく」と言われる事はありませんか?そうは言っても、一体どうやって腕の重さを乗せていくの?

クライマックスで長いクレッシェンドをかけていく時、最後の一押し!のクレッシェンドでの「腕の重さの乗せ方」についてお話します。

腕の重さの掛け方ってどうするの?

鎖骨の下の、腕の付け根に近いくぼみのような所があります。そこをグリグリと押すと気持ちいい!という場所。

ここの力が完全に抜けると、腕全体の力が抜けます。腕がだら~んと、重力に身を・腕を預けきった状態に垂らしてみましょう。そのままの状態で、指を鍵盤に乗せます。ただし、指先だけは緊張させておきましょう。指先だけですよ。

その時の指先の感覚は、「指圧状態」です。指圧をする時と同じ。指圧をする時って、指先が肌に吸い付くような感じですよね?それと同じ感覚で、指先が鍵盤に吸い付く様に、指先が鍵盤の中に深く入り込んで行くような状態で弾いてみましょう。それだけで、腕の重さが鍵盤に乗ります。

ラクにピアノを弾くために実験してみよう!

さぁさ、実験の時間ですよ。

鎖骨下の力が抜けていないままで腕の重さを乗せようとすると、指先に乗るのは腕の筋肉の重さではなく、腕の骨の重さが乗ることになります。筋肉もそれなりに重いですが、骨は筋肉と違って硬質ですよね。骨の重さが鍵盤に乗るということは、硬質な音が出てしまうということ。硬い音、綺麗ではない音、音色も音量もアンバランスなものが出てしまいます。

腕が脱力しきってだら~んと落ちている状態というのは、上腕や肘を下から引っ張られているような感じかもしれません。この感覚を得にくかったら、練習として、イスの高さをかなり低くしてみてください。すると、それだけでいつもより腕の高さが落ちますよね。それで少し感覚が掴めるのではないでしょうか?良し悪しの前に、是非体感してみて下さい。

ピアノの打鍵にかける重さはどこで調節するのか?

質問を頂きました。

上腕や肘を下から引っ張られているような感じを、なかなか感じることが出来ません。

打鍵に掛ける重さは、どこで、調節するのでしょうか?
私は、つい肩や腕を堅くして、つりあげることで、重さを調節してしまい、堅い音やしょぼい音を出してしまいます。

まず、「上腕や肘を下から引っ張られているような感じ」を一人練習で体感するには、片手(右手としましょうか)をピアノを弾く状態にして鍵盤に乗せます。そして、もう一方の左手で右手の上腕(肘の上)を掴んで下へ落とす様にしてみてください。

すると、手の甲や手首がいつもより下がってしまうでしょう。それでも、その状態で弾こうとすると指先が踏ん張りますよね。頑張っちゃうと言うのでしょうか?=指圧状態になっていると思いますが、どうでしょうか?

「トレーニング・ウエイト」という、手首や足首に巻いて重さの負荷をかけるものがあります。あまりオススメしませんが(負荷がかかりすぎて体を痛めては困りますので)、私はこれを時々、上腕に巻いて腕の重みを落とす感覚を腕に覚え込ますトレーニングをしていました。(これをやる場合は自己責任でお願いします)今このトレーニングをしていないのは、腕の重さを落とす感覚を身につけたから。

自分で腕の重さを落とす感覚が得られない場合は、ご家族の方かお友達にでもお願いして、次のことをやってみましょう。

ピアノを弾く時、自分の後方に立ってもらい両腕の上腕を握ってもらう。そして、その方の重さを落とす様に(のっかるように)してもらう。その状態であなたは弾いてみてください。(私は以前、師匠のレッスンで、よくこれをされていました。)

ピアノで打鍵に掛ける重さはどこで調節する2つのポイント

では、ピアノで打鍵にかける重さは一体どこで調節するのでしょうか?それはね、

  • 呼吸
  • 腹筋

この2つです。

鍵盤へ重さを乗せる方法は一つではありません。フレーズにより、また出したい音によって異なります。

*どんなフレーズの打鍵でも、必ず、鍵盤に重さを乗せる事が必要となるわけではありません。

この「鍵盤に重さを乗せる」弾き方は、クライマックスでクレッシェンドしていく時や、深いミステリアスな音を出したい時、レチタティーヴォの時に使うと良いかもしれませんね。

また、別の方法で鍵盤に重みを乗せる場合は、その曲で最大のフォルテシモ(やトリプル・ピアノ)を出す時や、決めの和音を弾く時などに使います。

それらの事がないフレーズや曲の場合には、「指圧状態」のことは、とりあえず忘れてくださいね。*

さて、「打鍵に掛ける重さの調節」についてです。

呼吸と腹筋は、切り離せないものです。肺呼吸(肩で忙しなく息を吸うような呼吸)をする事もありますが、フレーズは限定されます。これはまたそのうち。

丹田に気を集める」、まるで「ドラゴンボール」みたいな感じで(笑)。

~~~~っ!と、腹の辺りに気を集めてますよね>ドラゴンボール。って「ドラゴンボール」をご覧になられた事がないとわからないですね。鎖骨下の力を抜くお話をしましたが、丹田に「気」を集めると、鎖骨下の力を抜いた時のように、上腕が解放されますよ。

でも、何か他の力によって腕が操られているみたいな感覚にもなります。或は、もの凄いパワーがおなかから腕全体にみなぎっているような感じ。

調節の仕方は、息を吸い込むのにかける時間や、吸い込んだ息を腹筋に満タンにしていくスピード。そして満タンになったら、それを維持する時間(息を止めている時間)。そしてどのくらいのエネルギーがそのフレーズを弾くのに必要なのか?という想定・イメージを強く腹に伝える事で、できます。

これは曲やフレーズによって、それらにどんな気持ち・感情を乗せるのか・乗せたいのか?ということによっても、その加減が変わります。

ご質問に「腕を堅くしてつりあげることで」と書かれていますが、「腕を堅くしている」という自覚があるのですね。堅くなっているということは、力が入っているということだと思います。

「広背筋」という筋肉があります。

体の後ろ側、背中というより脇腹に近い感じです(背中の下部)。腕の付け根の背中側から脇腹あたりですが、そこの力を抜きます。イメージとしては、その辺りの筋肉(や肉)が下に落ちる!と強く意識するのが効果的です。

※ この記事は、メールマガジンの過去記事を加筆訂正しております。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク