ピアノを弾いているうちに、どこに向かっているのか・何をどう歌いたいのか、わからなくことはありませんか?

何をしたらいいのかわからなくなるのを、どうしたら防げるのか。どうしたら理解できるのでしょうか?

スポンサーリンク

どこに向かっていくのかを知る方法

さぁ、お話が始まりましたよ。美しくて、上品な歌のようです。空を伝って行くような、それが見えるような、想像出来るような旋律。それなのに、弾いているうちにどこに向かっているのか?何をどう歌いたいのか?わからなくなります。

左手の動きにも、煩わしさを感じてしまうかもしれませんね。すると、旋律を自由に感じる・自由に歌うどころではなくなってしまいます。

どうしても、わからなくなってしまうなら、ヒントです。

どこに向かっていくのかを知るヒント

そのフレーズ(一つのスラー)の中で、一番高い音を探してみましょう。そこに向かっていきます。そしてこのフレーズのように、一番高い音が4つもある場合は、向かって行く所は1つ目では、ないの。

もう、画像には向かって行く所を書き入れてしまっていますが、本当は自分で考えてね。

スポンサーリンク

 

ピアノでのアルペジオ・フレーズを弾きやすくするコツ

ピアノでのアルペジオのフレーズは続けば続くほど、またオクターブ越えをすればするほど、弾きにくく・音が外れやすくなります。

どうして外れてしまうかは、軸がずれていくからだと思います。それなら、軸がずれない方法を考えるのも、一つの手です。それが出来る人は、それをやったらいいでしょう。

ただ、実際かなり厳しい。と言うわけで「軸」に焦点を当てず、他の視点から「アルペジオ・フレーズを弾きやすくするコツ」を考えます。

グルーピングでアルペジオを弾きやすくする!

アルペジオを弾くやすくするコツ、それは「グルーピング」。

「グルーピング(音のまとまり)」は、フレーズの中での「捉え方」です。その捉え方を、より「弾きやすい」ものとして捉える方法と、「歌いやすい」ものとして捉える方法があります。

どっちもどっちですが、「歌いやすい」と思っても、弾きにくいままだったら、果たして本当に歌いやすいのか?それなら「弾きやすい」方法を実践して、難をなくす(減らす)方が良さそう。もちろん、考え方はいろいろありますので、絶対意見ではありません。ただの「提案」です。

グルーピング=捉え方の基本

グルーピング=捉え方の基本は、「音が動く方向」で区切る事です。

上の画像に、鉛筆で【 】を入れているところ、それがグルーピングの分け方のポイントです。そこから「弾きなおす」「改める」ような感じです。

お試し下さいね。

どこに向かって行くのかを知りピアノでのアルペジオを弾きやすくするには

  • フレーズで高い音を探して向かっていく
  • アルペジオを弾きやすくするにはグルーピングする

フレーズとフレーズが繋がって曲は出来ています。向かっていくところがわからなかったら、一つのフレーズの中で高い音を見つけてそこに向かっていくと良いですよ。

アルペジオは同じ方向に並んでいる音でグループ分けすると弾きやすくなります。是非お試し下さい。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク