ピアノで重音のトレモロ、しかも両手共に弾かなければならなかったら?ひゃーもう弾きにくいわ、合ってるのかどうかもわからない・・・

1オクターブを超えるアルペジオは、弾きに行くのに必死でもう!疲れるし音外れるし・・・

そんな弾きにくいのを、ちょっとラクにするコツを考えてみましょ。

両手重音トレモロをラクに弾く方法

バッハ=ブゾーニ「トッカータとフーガBWV564」から

こちらはバッハ様のBWV564「トッカータとフーガ」ハ長調のブゾーニ編のフーガの一部。

こんな時は画像に赤の縦線を入れたように、右手と左手で分けて音を取れば格段に弾きやすくなります。この画像なら、最初の「ソミソ」を右手で、次の音を左手でとって交互に弾く。

ossiaで書かれている通りです。簡単です。

ただ、このように弾く(とる)場合、届かない音があるかもしれません。それはケースバイケースで、一つ音を省くかどうか、そもそも書かれている通りの右手と左手の弾き方にするか、考えてみましょう。

例え楽譜のとおりに(ossiaではない方で)弾く場合でも、力を溜め込まずラクに弾く方法はあります。

ヒントは「鍵盤に向かって行かない」こと。その逆です。この画像のような場合なら、トレモロを弾くことより、上で伸びている音の響きを聴き続ける方へ意識を置いてみましょう。

1オクターブを超えるアルペジオをラクに弾くコツ

リスト「パガニーニ・エチュード第6番」第11変奏から

こちらはリスト様の「パガニーニ・エチュード第6番」の第11変奏の出だしです。

アルペジオは、波が押し寄せては引くように、そんな情景をイメージしてみましょうか。

つまり、アルペジオの頂点とその周辺を、波に写る光がキラキラするような感じです。アルペジオの頂点とその周辺とは、画像では右手の黄色い四角で囲ったあたりになります。この辺りをを出していく。出すというよりは打鍵の仕方を意識してみる。その意識を変えてみるというのを考えたり弾いて比べたり、体感してみましょう。

アルペジオの頂点周辺の出し方(聴かせ方)

ではどうやってアルペジオの頂点とその周辺を出す・聴かせる・打鍵の意識を変えるのか?

この画像(曲)の場合は、アルペジオはメインではありません。メインの歌は左手にあります。でも大抵の曲では、1オクターブを超えるアルペジオが片手にある場合は、もう一方の手で弾くラインもしくは内声にメインのメロディがあるのではないでしょうか。

しかし、弾きにくいのはアルペジオなので意識はアルペジオを弾くことに躍起になってしまうのですね。すると、アルペジオの全ての音が自己主張する音になってしまいます。それでも弾き手は「弾くこと」に一生懸命なので、どんな風に音が出てきているかまで、頭がまわらないことが多いようです。

では、こんな弾き方はどうかしら?(提案です。マストじゃありませんのでご参考までに)

  • アルペジオの弾きはじめからの打鍵は、指を寝かせて指の腹で弾いていく
    弾く=下に落とすというよりは、鍵盤を横になでていくように
  • アルペジオの頂点付近になったら指を立たせるようにして、指先の1点で打鍵する
    ※ 上腕から回転させるように腕全体を上げていくと弾きやすい

これは弾き方(打鍵の仕方)が2種類になりますが、やり方によってはもっと変えられます。でもまずはこの2種類の弾き分けが出来るようになると(その2種類の音色の違いが聴き分けられるようになると)、自分で応用できるようになるでしょう。

まずその2種類の音色がどう違うのかは、体感して頂くのが一番良いのですが、簡単に言うと「音の明るさ」「音のなめらかさ」などが変わります。

おまけ:今日の1曲

今日は1979年に放送されていたTVアニメ「赤毛のアン」の挿入曲をご紹介します。

TVアニメ「赤毛のアン」の主題歌・エンディングテーマを作曲した三善晃先生の弟子だった毛利蔵人氏の作品です。

毛利蔵人作曲「希望へ」

三善晃先生が作曲された「赤毛のアン」の主題歌やエンディングテーマについてはこちら

両手重音トレモロやアルペジオをラクに弾くコツはどちらも弾きに行かないこと

  • 両手重音トレモロは、音の取り方を変えてみるとラクに弾ける!
    (打鍵の仕方=打鍵の方向性を変えるだけでもいい)
  • アルペジオは全ての音の打鍵の仕方を同じにしない。どこを聴かせたいか考えるとラクに弾ける!

両手重音トレモロとアルペジオは違うものですが、どんな弾き方・技術でも、ピアノに「弾きに行ってしまう」と弾きにくくなります。一番のコツは「頑張らないこと」。それだけでもかなりラクになりますよ。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!